ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CES 2016 : Polaroid、Androidと繋がる次世代のインスタントカメラ「Snap+」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カメラ・写真用品メーカーの Polaroid が CES 2016 イベントで “次世代のインスタントカメラ” 「Snap+」を発表しました。Snap+ は ZINK フォトペーパーによるプリント機能も備えたデジタルカメラで、撮影した写真をカメラ本体の 3.5 インチタッチパネル、または Android アプリで加工・編集して、その場でプリントすることができます。Snap+ のカメラには 1,300 万画素のイメージセンサーを採用しており、フル HD 動画を撮影することもできます。また、Bluetooth に対応しており、プリンタ、スマートフォン、タブレットに接続することもできます。保内には Micro SD カードスロット(最大 128GB)を搭載しており、Snap+ で撮影した写真や動画を Micro SD カードに保存することもできます。用紙は熱を加えて色を再現する「ZINK フォトペーパー」が採用しています。2 x 3 インチの小さなサイズですが、インクカートリッジなど不要でプリントできます。Polaroid Snap+ の発売時期は 2016 年 Q4 です。価格は公開されていません。Source : プレスリリース

■関連記事
CES 2016 : ニューバランス、GPS内蔵のAndroid Wearスマートウォッチをホリデーシーズンに発売
CES 2016 : ワコム、Android / Windows対応のアクティブスタイラス「Android と Windows に対応したアクティブスタイラスペン「Bamboo Smart」を発表
NVIDIA、Android TV「SHIELD」向けのAndroid 6.0プレビュー動画を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP