ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

在住者が教える、フランス旅行のとき覚えておきたいフランス語とマナー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

その国のマナーを知らずに海外旅行に行って恥をかいてしまったなんて経験はありませんか。海外旅行をする際に、訪れる国の最低限の言葉とマナーは覚えておきたいものですね。

その国の言葉を取り入れるだけで、現地の人との距離もぐっと近づいて、旅行もより楽しいものになります。旅行の際に覚えておきたいフランスのマナーとフランス語のフレーズを、在住者がお教えしたいと思います。

お店に入る時はBonjour

「Bonjour(ボンジュール)」とは、日本語で「こんにちは」を意味します。日本ではお店やレストランに入る際に、お客側から「こんにちは」を言う習慣はありませんね。

フランスでは店内に入る時は必ず「Bonjour」と言いましょう。これはフランスでのマナーです。特に店員さんが「Bonjour」と声をかけてきた時は、必ず「Bonjour」と返して下さいね。慣れないうちはなかなか難しいかもしれませんが、答えないとフランスでは失礼にあたります。

お店を出る時はAu revoir

「Au revoir(オ ルヴォワー)」とは、日本語で「さようなら」を意味します。お店を出る際には「Au revoir」と言いましょう。お店を出る時に店員さんが声をかけているにも関わらず無言で出る外国人に、苦い顔をするフランス人も少なくはありません。少し緊張すると思いますが、かならず「Au revoir」と言いましょう。

サービスに対してMerci

「Merci(メルシー)」とは、日本語で「ありがとう」を意味します。レシトランを出る際やお店で何かを購入した時はサービスに対して、「Merciと」言います。特に良いサービスをしてくれた店員さんには忘れずに感謝の気持ちを込めて「Merci」を。

すいません

フランス語の「Pardon(パルドン)」や「Excusez-moi(エクスキューゼモア)」は「ごめんなさい」を意味すると同時に呼びかけの言葉「すみませんが・・・」も意味します。何か店員さんに頼みたい時は「Pardon」や「Excusez-moi」と呼びかけてみましょう。

お勘定をお願いします

L’addition, s’il vous plaît(ラディシィオン シルヴプレ)とは日本語で「お勘定をお願いします」を意味します。フ
ランスのレストランやカフェでは、お会計は給仕係に頼むまでは持ってこないということがあります。その時は「L’addition, s’il vous plaît.」と一言、サービス係に声を掛けましょう。

フランスで外国人の旅行客が英語で店員さんと会話していたにもかかわらず、最後に感謝の気持ちを込めてメルシーとフランス語で伝え、フランス人の店員がそれに喜んでいた光景を何度もレストランやお店で見かけました。

海外旅行をする際に、現地の言葉が出来なくても「こんにちは」や「ありがとう」など最低限の言葉をその国の言語で伝えるのはとても大切なことなのだと改めて感じる場面です。なかなか勇気のいることですが、フランスに旅行へ来る機会があればぜひ、これらのフレーズを使ってみてくださいね。

[All photos by Shutterstock.com]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP