ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

C型肝炎の感染知らない人は100万人 早期治療で肝硬変の予防を

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

お正月太りが気になるこの時期。ついついハイカロリーなものを食べて、太り気味になったのが気になる……なんてことはないですか?

美容的な問題も心配ですが、30代以上の人ならもっと心配なのは、肝臓。肝臓に脂肪がたまり、脂肪肝から肝硬変へ移行するケースも珍しくないそうです。

もっとも、一色食べ過ぎたくらいでは、病気にはなりません。ただし、食生活の乱れは自分では気づきにくいもの。ついつい、ハイカロリーな食生活が続いていると、脂肪肝から肝硬変に移行することも珍しくありません。

困ったことに、肝臓の異変は自覚症状ができくいとされています。加えて、B型肝炎やC型肝炎のようなウイルス性肝炎に罹患していると、肝がんに発展することも珍しくありません。

肝炎ウイルスに罹患している方は、全国で100万人程度。昭和40年代から50年代のはじめは学校などの集団予防接種で、注射器を使いまわしたりしていた実態がありました。肝炎ウイルスは、発症までに数十年かかることも珍しくありませんから、年配の方の中には、今になって症状が出てくる方がいても珍しくありません。

このうち、B型ワクチンについては、確立された治療法がありますが、他の疾患について体に負担が少なく、治癒率が高い治療法がありません。
そのため、ウイルスの影響で肝炎が進行し、食欲の増減が起きたりすることも珍しくありません。

ウイルス性肝炎の患者さんは、疲れたら、休むのが基本です。ただし、いくら休んでも疲れが取れないという方は、注意が必要です。医師に相談して治療を受けながら、食事、睡眠時間について見直しを図るべきでしょうね。同時に、検査を受ければ、自分が肝炎ということがはっきりします。その中で無理がかからない生活サイクルを送りながら、治療を行えば、健康を回復できる可能性が高くなりやすいはずです。

※写真は足成 http://www.ashinari.com/2008/11/16-010315.php より

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 松沢直樹) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP