ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どこでも迫力のある立体音を!防水対応のBluetoothステレオスピーカー「iPAIR」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


持ち運びしやすいサイズのBluetoothスピーカーは数多く商品化されている。しかし、それらの多くが、モノラル音だったりする。

いつでもどこでも迫力ある立体音を楽しみたい。そんな音楽ファン向けに開発されたのがポータブルタイプのBluetoothステレオスピーカー「iPAIR」だ。

・特許取得済みのデザイン

iPAIRは手のひらサイズのスピーカー2つがセット。スピーカーのドライバーを円形状になったパッシブラジエーター(振動板を利用して作動させるユニット)で囲んでいる。

この2つを連動させるデザインにより、音をフラットではなく立体的に出せるのだという。なお、このデザインは特許を取得済みとのこと。

・吸着盤でどこにでもくっつけられる!

また、音が出る面とは反対側に吸着盤が付いていて、タイルや鏡、窓など平らな面ならほとんどのところにくっつけられるのもこのスピーカーのセールスポイント。

加えて、このスピーカーは防水機能(IPX-4)付きなので、プールサイドやシャワーブースなどで音楽を“浴びる”ように楽しむことができる。

iPAIRは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開中で、今なら89ドル(約1万700円)の出資で入手可能。世界中どこにでも発送してくれ、送料は価格に含まれている。

Bluetoothスピーカーの購入や買い替えを検討している人は選択肢に加えてはいかが。

出資受け付けは来年1月19日までとなっている。

iPAIR/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。