ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スキーにもIT化の波!?スキーブーツにつける小型センサーがパフォーマンスを詳しく計測

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本格的な冬シーズンに入り、スキーをするのを楽しみにしている人もいるだろう。自身のスキーパフォーマンス向上に悩むあなたには、「PIQ」というセンサーツールがよいかもしれない。

・ブーツに付ける小型センサーツール

ウェアラブル技術のPIQが、アルペン製品を扱うRossignolと共同開発した小型センサーツールで、サイズはおよそ44×38.3×5.4ミリメートル、重さは10グラムほど。

スキーブーツの足首あたりで、ストラップで固定して用いる。センサーがユーザーのターンや滑降を詳しく分析小さく軽いのでパフォーマンスの邪魔をしない。

・スピードやエアタイムを計測

ツールの内部には、ジャイロスコープ・加速度計・磁気計・圧力センサーが搭載されており、ジャンプやターンごとに、スピード・タイム・上昇・下降・ターン角度・回転・G力・エアタイムなど、パフォーマンスを逐一詳しく測定し、記録していく。

これらの計測データは、Bluetooth 4.0を通じて専用のスマートフォンアプリに送信され、集計データをもとに“PIQスコア”として表示される。

ユーザーは自身の滑りの状況を、客観的に把握することができるのだ。

ちなみにデバイスは、1度充電すれば、3時間ほどバッテリーが持続するという。

・専用コミュニティも用意

専用のコミュニティも用意されているので、友人や他メンバーと点数やパフォーマンスを競いあって、楽しみながら技術向上を図れることだろう。

「PIQ」は現在、149ユーロでプレオーダーを受け付けており、提供開始は2016年2月を予定している。

PIQ

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP