体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

丼から飛び出す穴子天!『穴子海老天丼』を食す! @『はちまき』神保町

hachi026_R

今回は天丼の店と言うよりは天麩羅料理の老舗『はちまき』の『穴子海老天丼』を紹介してみましょう。

あの江戸川乱歩も通ったと言う天麩羅の名店で、創業は昭和6年と古く、今でも多くの著名人が通っているらしいです。

神保町で天麩羅と言えば『はちまき』

hachi017_R

あまり店内に芸能人の写真や色紙があっても評価しない筆者ですが、この『はちまき』も老舗だけに色々な人達が訪れているようですね。

hachi014_R

芸能人だけではなく、神保町と言う場所柄”出版関係の人”も多く出入りするようで、お会計の時に領収証を欲する人が少なくありませんでした。

確かに、ちょっとした打ち合わせの合間に、客先の人と軽く食事するには良い感じの店かと思われます。

『穴子海老天丼』(1300円)を食す!

hachi019_R

毎朝、築地から大きな”活き穴子”を仕入れて仕込みをしているので、どうしても数量限定になってしまう『穴子海老天丼』ですが、その分だけ期待は高まります。

限定と言うモノに弱いと言うのもありますが、個人的に”穴子の天麩羅”が大好きだからです。

ランチで1300円は安くは無い予感ですが、これだけ大きな活き穴子の天麩羅が乗った豪勢な『穴子海老天丼』であれば納得出来ますね。

素材にこだわる天麩羅『はちまき』

hachi020_R

ぱっと見た感じのビジュアルが良いですね。穴子の骨を結んで揚げたり、全体の盛り付けも老舗ならではの技を感じます。

hachi024_R

気になる味の方はどうでしょうか?

衣の加減と言うか揚げ具合は完璧で、薄すぎず厚すぎずの衣はサックリと揚がっています。

hachi021_R

タレは意外と控えめですが、その分だけ素材の良さが味わえる天丼かと存じます。

絶妙な天麩羅の衣とタレに合わさる事で、穴子の淡泊な味とふっくらした食感が、さらに引き出されています。

hachi025_R

海老も火が入り過ぎる事もなく、海老本来の美味しさを直に感じる事が出来ます。まさに天麩羅職人の仕事が味わえる『穴子海老天丼』ですね。

老舗と言うと”高いだけ”みたいなマイナスイメージもありますが、この『はちまき』は今でも誠実な商売をしていると感じました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。