体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神奈川の美味しいナポリタンをざっくりまとめてみた

cent-na2_R

今年も色々と食べ歩いた筆者ですが、今回は筆者が食べた”ナポリタン”を振り返ってみましょう。

ナポリタンの正しい楽しみ方ですが、まずはナポリタンだけでは無く、それらを取り巻く環境と言うか街並みも感じて欲しいですね。

目的となるナポリタンを見つけたら、その街に行き、街を歩き、ナポリタンが生まれた街全体を感じましょう。

その店の古めかしい外観、落ち着いた雰囲気の店内、それらが織りなす雰囲気と言うか”空気感”みたいなモノを感じながら、ナポリタンを食べるのです。

すると”ただの食事”が想い出となり、永遠に心に刻まれるのです…

何を言っているのか分かりかねる感じですが、要するにナポリタンは昔からある食べ物なんで、ノスタルジーに浸りながら食べると美味しさ倍増って事で御座います。

オダサガのラスボス『焼肉はせ川』

5hase-6_R

まず、この店だけは次元が違うと言うか”戦う土俵”が違うので、一番最初に紹介しておきます。

この写真だと”バジルの葉”が謎に大きいので、皿が小さく見えますが、実はパーティーサイズの大皿です。4人前くらいのボリュームで”350円”です。

5hase-23_R

安くてボリュームがあるだけではなく、ベーコンの替わりにパンチェッタ(しかもイベリコ豚)を使ったり、仕上げに生クリームをチョイ足ししてコクを出したりと、焼肉屋さんなのに

「無駄にクオリティが高い」

と言うナポリタンに仕上がっています。是非『焼肉はせ川』に訪れた際には食べて頂きたいメニューですね。

5hase-19_R

なお、こちらのボスと対戦する為には予約が必要ですので、必ず電話で予約してから訪れて下さい。

知る人ぞ知る隠れた名店『レストラン テル』

teru-alun1_R

”400円ランチ”で横浜最強の洋食屋さんとして、極一部のマニアに知られる『レストラン テル』のナポリタンは必食でしょうか?

teru-3_R

ナポリタンと言うと”ケチャップ味”なイメージですが、このナポリタンはブイヨン的な何かも足されているのか、より深い味わいになっています。

teru-7_R

この美味しいナポリタンが400円で食べられるのですから、驚きですね。

濱の胃袋『イタリーノ』

ita-d12_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。