体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

祝一周年! 台湾のお天気お姉さん『Weather Girls』 世界初の独占取材でその人気の秘密に迫る!

祝一周年! 台湾のお天気お姉さん『Weather Girls』 世界初の独占取材でその人気の秘密に迫る!

台湾のネット放送局「壹電視(Next TV)」が制作する『Weather Girls』。かわいい台湾の女の子たちが、ときに日本語を交えながら月替わりのテーマとコスチュームで天気予報をお伝えする人気番組です。

今回ガジェット通信は、この8月で一周年を迎えた『Weather Girls』への世界初の独占取材に成功。番組の産みの親であるディレクターのレスター氏へのインタビューと番組のメイキングシーンを通して、台湾から発信される“カワイイ”の舞台裏に迫りました!

※記事には取材の様子が多くの写真で紹介されています。写真が表示されない方はガジェット通信記事ページでご覧ください。

「台湾のかわいい女の子を紹介したい」それがきっかけでした

番組産みの親のレスターさん

記者:一周年、おめでとうございます。

レスター:ありがとうございます。2010年の8月に番組をスタートして以来、最初は試行錯誤もありましたが、台湾、そして日本の皆さんをはじめとした世界中からの応援のおかげで無事一周年を迎えられました。

記者:こういうユニークな天気予報を作ろうと作ろうと思いついたきっかけは何だったんでしょうか?

レスター:台湾のかわいい女の子をフィーチャーした番組を作りたいというのがスタートでした。いろんな女の子を紹介できて、気軽に、しかも毎日見てもらえる……、そのためにはどんな番組にすればいいだろうと考えて、天気予報のスタイルにすることを思いついたんです。

記者:最初から天気予報を作ろうと思っていたわけではないのですね。

レスター:はい。というか、私たちの番組で天気予報の部分って見てます?

記者:……正直、見ないですね(笑)。

レスター:ですよね(笑)。天気予報は日替わりの番組を作り、それを見てもらうための最初のきっかけに過ぎないのです。現在お伝えしている天気は台湾とアメリカだけですが、今後は日本の皆さんにももっと番組を見てもらえるように日本の天気もお伝えしたいですし、例えばタイをはじめとした、世界の多くの地域の天気もお伝えできればと思っています。

台湾で“カワイイ”を伝えるために日本をフィーチャー

日本の制服をモチーフにした衣装

記者:たとえ番組の中に日本の天気予報がなくても、毎日『Weather Girls』を見ているファンは日本にも大勢います。日本人が『Weather Girls』を見るようになったきっかけとしては、番組の中で日本語が使われていることが大きかったと思うのですが、なぜ台湾やアメリカの天気予報に日本語を使おうと思ったのでしょう?

レスター:これはもともとは日本の皆さんのためではなく、どうすれば女の子をかわいく紹介できるか考えた結果だったんです。

記者:と言いますと?

レスター:6月のテーマ「卒業」がとても分かりやすい例になると思います。このテーマで女の子をかわいく見せるには日本のスタイルを参考にするのが一番だよねということになり、日本の制服をモチーフに、そこにさらにアレンジを加えた衣装を制作し、台湾の大学の中ではキャンパスの雰囲気が日本の大学にとても似ている実践大学に協力をお願いしてロケをしました。こうやって作った映像ですから、あとはもう徹底的に、テロップも日本語にして女の子たちにも日本語を話してもらう……。こうやって日本の“カワイイ”スタイルをお借りする事で、女の子をより魅力的に紹介できると思ったのです。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。