体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東京都民が誇るべき八王子ラーメンをまとめてみた

goemon-2_R

2015年も残り僅かと言う事で、なんとなく2015年に筆者が食べた”八王子ラーメン”を軽くまとめてみました。

そもそもが、この八王子ラーメンと言うジャンルがどんだけ知られているのかって話ですが、はっきり言って八王子ラーメンの実力は侮れません。

昨今の”ニワカ地ラーメンブーム”が来る前、むしろラーメンブームが訪れる前から、東京都の八王子市を中心に根付いた本格ラーメンなのです。

むしろ、東京に住んでいて八王子ラーメンを食べた事が無いとか、神奈川に住んでいて”家系ラーメン”を食べた事が無いに等しい罪かと存じます。

と、言う訳で筆者イチオシの八王子ラーメンをサクっと紹介してみます。

圧倒的なスープの旨さ!『吾衛門』

goemon-3_R

八王子ラーメンの中で筆者が一番好きなのが『吾衛門』で御座います。

goemon-4_R

小気味良い接客とスープの旨さ、基本の『中華そば』も500円とリーズナブルで、まさに八王子ラーメンの見本と呼べるラーメンだと思います。

goemon-1_R

とにかく初めて八王子ラーメンを経験するなら、この『吾衛門』から訪れてみると良いでしょう。

八王子で一番人気の『タンタン』

tantan-toku1_R

一番知られている八王子ラーメンの店と言えば、店舗数からしても『ミンミン』かと思われますが、その『ミンミン』の原点となるのが、こちらの『タンタン』で御座います。

tantan-toku-9_R

土日祝日が定休日、営業時間は11時から14時半と言う超ストイックな営業時間の為、多くのラーメンマニアに”有給休暇”を消化させる罪な店でもあります。

tantan-toku5_R

とにかく八王子ラーメンで一番の人気店と言う事もあり、平日にも関わらず必ず行列が出来る名店です。

tantan-toku9_R

中でも早々と売り切れてしまう『特チャーシュー麺』(950円)は、ある意味

「八王子ラーメンの頂点」

とも言える内容で、これを食べずに八王子ラーメンを語る事は出来ないと言っても過言ではありません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。