体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

加熱式たばこiQOSって美味しいの? 原宿のオシャレな専門店で初体験

加熱式たばこiQOSって美味しいの? 原宿のオシャレな専門店で初体験

飲食店でも分煙や禁煙が当たり前。路上の喫煙スペースもまるで隔離されているかのように壁で仕切られていたりと、どんどん肩身が狭くなっていく昨今の喫煙事情。

読者の中にも愛煙家の方がいるかと思いますが、9月頃から全国的に販売されている加熱式のたばこ・iQOS(アイコス)をご存知でしょうか?

iQOSは、たばこメーカーであるフィリップモリスが開発した加熱式たばこ

特徴としては、「火を使わない」「灰が出ない」「匂いが少ない」ことなどが挙げられます。

電子たばこと何が違うの? と思うかもしれませんが、液体を加熱して水蒸気を吸引する一般的な電子たばこと違い、iQOSの方は本物のたばこの葉を使用しているのです。

reIMG_1960

筆者も喫煙者なのですが、電子たばこにもこのiQOSにもあまりピンと来ていませんでした。既にコンビニなどで販売されているもののどうせ普及しないだろうなというのが正直なところだったのですが、最近、チラホラこのiQOSを吸う人を見かけるようになりました

興味は持ち始めたものの、専用のたばこと、加熱するための充電式の本体で1万円ほどと、気軽に試すためには安くない買い物です。そこで、iQOSを体験できる旗船店・iQOSストアが原宿にオープンしたと聞き、早速店舗に行って体験してきました! 

iQOSストアに潜入!

iQOSストア原宿店は、4フロアで構成されています。JR原宿駅を降りてすぐ、神宮橋交差点に面した場所にあり、大きく目立つ看板が設置されているのですぐに見つけることができます。なお、原宿店は、関東にある唯一のiQOSストアです。

Main entrance(メインエントランス)

IMG_2196

入店すると、白と青を基調にした清潔感のある空間が広がっています。建物内は、すべてこの色調で統一されており、壁面には植物もあったりと、クリーンな印象

壁面には、現在ネイビー・ホワイトで展開されているiQOSが展示されています。

また、12月20日に発売開始となった限定色のボルドーレッドが、iQOSストア限定で販売中。

Experience lounge(エクスペリエンスラウンジ)

2階のExperience lounge(エクスペリエンスラウンジ)では、女性スタッフから説明を受けながら、無料でiQOSの体験をすることができました。

iQOSは、『ヒートスティック』と名付けられたたばこを専用のホルダーに挿入し、スイッチを押すと十数秒で使用することが可能となります。

重量感のある洗練されたガジェットデザインは、若い人や女性に受けがいいかも。

気になる味は・・・?

さっそく体験してみると、たばこ葉を燃やさず加熱しているせいか、やや香りがお茶っぽく、風味も通常のたばこに比べると薄く感じます。吸い心地は、たばこよりも軽やかで雑味が少なく感じました。逆にそれが物足りない、という人もいるかもしれません。

思っていたより煙が普通に出たのですが、これはすべて蒸気なのだそう。そのためか、たばこを吸わない人に嫌われがちな独特の匂いは、あまりしないように感じます。また、吸い終わった後に灰が出ず、簡単にヒートスティックをゴミ箱に捨てることができることも強みでしょう。

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy