ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホケースもスマートに!バッテリーとメモリを簡単に追加できる「i-Blades」登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

多くのスマホユーザーにとって、悩みの種はスマホの電池消耗が早いことと、写真やビデオなどの頻繁撮影で容量が圧迫されることだろう。

そうした問題を解決するスマートなスマホケースがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。必要に合わせてバッテリーとメモリを簡単に取り付け・取り外しできる「i-Blades」だ。

・ケースとモジュールは銅伝導で連動

i-Bladesはケースと、アタッチ式のバッテリー、メモリのモジュールがセットになっていて、専用アプリでコントロールする。

ケースそのものは、とてもスリム。マイクロプロセッサーを内蔵し、それにより背面につけるモジュールを感知し、銅伝導で連動を可能にしている。

・マグネットで簡単取り付け

モジュールもこれまたスリムで、マグネットでパチッとケース背面にくっつけられる。

そうして、バッテリーのモジュールを取り付ければスマホにバッテリーを供給でき、メモリモジュールであればスマホ内のデータを保存したり、メモリ内にある動画をスマホで鑑賞したりできる。

そして用が済むと、モジュールはサクッと外せるというのが、i-Bladesの売りだ。

・iPhone版も間もなく

現在、サムソンのG6とG4にのみ対応しているが、iPhone版も開発中で、モデルは順次拡大していくとのこと。

気になるお値段はというと、ケースとモジュール2つのセットがIndiegogoでは149ドルからとなっている(米国以外への送料は別途)。

どちらかのモジュールだけとセットにすることも可能で、ケースとバッテリーモジュール(2600mAh)だと99ドル、ケースとメモリモジュール(64GB)は109ドルとなっている。

ケースもスマート化することで、さらに快適なスマホライフになりそうだ。出資は来年1月31日まで受け付けるので、この正月休みに検討してみてはいかが。

i-Blades/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP