ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

年末年始の帰省…実家の不満あるある・ネットの声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

新年を実家で迎える方も多いだろう。お正月ぐらいゆったりと過ごしたいものだが、ふだん顔を合わさない者同士が集まると、思いもよらないトラブルが起きることもある。そこで今回は、お正月に帰省した際のトラブルをネットから集めてみた。
帰省先での王道? 嫁姑問題・妻の経験談は…

まずは、やはり家族間トラブルの王道、嫁姑問題だ。

「嫁からの意見ですが、ズバリ“台所問題”らしいです。どこまで台所に踏み込んでいいのかが気になるらしいです」
「義親が子どもの面倒を見てくれて何もすることがないときでも、義妹が私の手伝いをしてくれません。夫の家族たちは、私が一人で台所仕事をしているなか、隣の部屋でみんなでお茶を飲んでワイワイ笑い声が聞こえてくると、私一人だけなんだか疎外感を感じてしまいます」

ほかにお嫁さんの経験談としては、

「部屋が寒くても『寒過ぎるんですけど』とは言いづらく、『ご飯が少ない』とも言いづらかった」
「夫の話をしていてついつい悪口になってしまって止まらずに……。しかもご両親が知らない話になって『あ、マズイ…』となりました」

家庭ごとの文化の違い、夫の悪口のエピソードは帰省あるあるなのかもしれない。なかには、過去に問題があったにも関わらず、現在は仲良くやっているご家庭もあった。

「色々大変なことはありましたが、今ではお邪魔してごちそうになるときには必ず義母が『美味しくないよ! まずいよ! それでも良ければ食べてって!』を連呼し、子どもたちに笑われています」

など、お互いに相手を思いやるとうまく行くことが多いよう?一方、夫側やシングルの帰省はと言うと……?

「自慢ではないが美人の嫁を連れて帰るとオヤジがデレデレしちゃって、なぜか嫁にお年玉をくれる。オフクロは笑ってそれを見ている。変な一家だと毎年思うが、居心地は悪くない」
「うちの父親は、俺だけだとそんなこと絶対にしてくれないのに、嫁さんと帰るといい飯食わせてくれるし金回りがいいところを見せようとします(笑)」

など、ほのぼのしたエピソードばかりで大きな問題はあまり見受けられなかった。

最後に、一人暮らしの帰省となると、家族で帰省するのとは違うようで……。

「大晦日に帰省したら、なまはげ不足だということで駆り出され『泣ぐ子は居ねが』と民家で暴れ御神酒を頂き、飲み過ぎて気付いたら病院のベッドの上でした」

という、秋田出身男性のとんでもない話もあった。独身の帰省は頼まれごとも多いのかも!?

お正月の帰省を楽しみにしている方も多いだろうが、ぜひとも無用なトラブルは避け、家族で楽しい時間を過ごしていただきたい。
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/12/26/101902/

【住まいに関する関連記事】
年末の大掃除! キッチンの油汚れを簡単・キレイに落とすコツ
大掃除前にチェック! 掃除を“忘れがち”なトップ10はココ
“江戸時代の宝くじ” 天国と地獄を味わった男の話
「お歳暮」選びのコツは情報収集! 人気の商品や相場は?
年賀状、メール、LINE…どうする? 新年のご挨拶

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP