ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ブルーレイだからって1枚にたくさん映像を詰め込むのは考えもの

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DVDよりも大容量! ということで人気のブルーレイディスク。海外ドラマやアニメ作品など、エピソード(話数)がたくさんある映像作品が、ブルーレイディスクになって発売されています。DVDよりもディスク枚数が少なくて済むので、とてもコンパクトなのも嬉しいですよね。

DVDのセットだと、海外ドラマやアニメが1枚に2話収録されているのが普通です。ですので、20話の海外ドラマならば10枚前後のDVDになるわけです。ブルーレイディスクのセットだと、1枚に5話前後収録されるのが普通です(DVDのように2話収録という作品もある)。

ですが、なかには1枚に8~9話も収録されているブルーレイディスクがあります。20話ならばたった2枚のブルーレイディスクに収めることができるのです。これはコンパクトで嬉しいですね。ですが、手放しで嬉しいとは言えないのです。

こだわる人は知っていて当然のことなのですが、ブルーレイディスクに8~9話詰め込んでいる作品は、画質がやや劣ると言われています。その理由は誰もが想像つくもので、1枚に詰め込むためにデータ容量を減らしているからだと言われています。

ですので、画質にこだわる人が多い日本では1枚に3~5話しか収録しないのに対し、欧米では同作品でも8~9話詰め込んでいるブルーレイディスク作品があります。特に、日本で放送された欧米向けのブルーレイアニメ作品に多いようです。DVDよりも遥かに向上した画質を求めている人にとって、詰め込みすぎのブルーレイディスクはあまり歓迎できないらしいですよ。

ですが、その画質の違いは「気にしなければわからないレベル」とも言われています。DVDより大容量! というのがウリのひとつだからこそ、そういう部分が気になってしまうのかもしれませんね(厳密にはブルーレイディスクだからキレイというわけじゃないんですけどね)。

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「pinky」が執筆しました。

ガジェ通ゴールドラッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。