ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゲーム会社アリカ副社長の三原氏 「3DS値下げを揶揄する人は、注目されたい人」と正論意見

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
値下げ発表

ゲーム会社アリカ副社長の三原一郎氏が自身の『Twitter』にて今回の『ニンテンドー3DS』の値下げについて言及している。そこには3DS値下げを揶揄(やゆ)する人は、注目されたい人ではないかという内容だ。詳しい内容は次の通り。

返信:この値下げを揶揄する人は、注目されたい人では? 既に買ってる人は、今の値段でも欲しくて買った訳だから『損した』なんて思わないでしょ? 全員じゃないでしょけど『騙された』と言うのは買ってないんじゃ?買う時値段を理解して買ってんでしょ?おそらく騒ぐのは、はちまさんぐらいでしょ?

と正論発言をぶつけてきた。確かに2月に発売され、その値段に納得したから2万5千円払い購入したわけだ。記者も発売1か月前に予約し2万5千円と知っていて買った。もちろん『ニンテンドー3DS』と言うハードがいつか値下げされることも想定してのことだ。しかし今回の1万円値下げを大騒ぎしているネットユーザー、及び一部ゲームブログに対してアリカ副社長の三原氏は怒りを覚えたようだ。

値下げしなかったら「高い」と煽り、値下げしたらしたで煽り、どう転んでも煽りたいだけのゲームブログやネットユーザー。今ゲーム業界は各ハードごとにユーザーがわかれ日々論争を巻き起こしている。その論争の原因を作っているのが『2ちゃんねる@ハード・業界板』と大手ゲームブログだ。ネガティブキャンペーン(ネガキャン)と呼ばれる煽り記事や書き込みにより中傷を日々行い、中には彎曲情報や誤報までも掲載しており問題になっている。

上記の三原氏の書き込みにあるとおり、実際にそのゲームブログは今回の値下げについて大きく取り上げ、更に煽り気味に報道している。国内ゲーム業界は大丈夫だろうかと心配になるくらいだ……。

アリカ三原氏のツイート

※この記事は、ガジェ通ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。