体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェット通信Androidアプリの作り方 第1回:開発環境のセットアップ

ガジェット通信Androidアプリの作り方 第1回:開発環境のセットアップ

ガジェット通信の最新記事を読めるAndroidアプリ『ガジェット通信 Getnews Reader』、Androidユーザーの皆さんはもうインストールしていただけましたか? このアプリはガジェット通信アンドロイド記者のnayutanoutyuさんに開発していただきました。「Androidアプリってどうやって作るの?」「これからAndroidアプリを開発してみたい!」という読者に向けて、nayutanoutyuさんにアプリ開発の一連の流れを全4回の記事で解説いただきます。第1回は、開発環境のセットアップについて。『Androidマーケット』でアプリを公開するには、25米ドルを支払ってデベロッパー登録をする必要がありますが、開発環境はすべて無償のツールでそろえることができるんです。興味ある方は是非チャレンジしてみてください。

第1回:開発環境のセットアップ

Androidアプリ開発環境を整えるには、下記の作業が必要になります。

1. 『Java SE Development Kit』(JDK) をインストールする
2. 『Android SDK』をインストールする
3. 『Eclipse』をインストールする
4. 『ADT』(Android Development Tools) プラグインをインストールする
5. 『AVD』(Android Virtual Device)をセットアップする

『Eclipse』がなくてもアプリ開発をすることは可能ですが、アプリ開発の効率向上ためには必須の統合開発環境と言えます。『AVD』はAndroid専用のエミュレータです。より新しいバージョンのAndroidエミュレータを動作させる場合には、それ相応の性能を持ったパソコン(PC)が必要になります。性能が低いPCでエミュレータを起動させるとOS起動完了までに時間がかかるので、新しいPCの購入が必要になるかもしれません。『Intel Core i3』プロセッサが搭載されたPCならAndroid 2.2 のエミュレータまでは恐らく動作に問題ないと思います。シングルコアプロセッサ搭載PCの場合、起動までに多くの時間が掛かるだけでなく、動作がだいぶ鈍くなるでしょう。

基本的にどのようなOS上に開発環境をインストールする場合でも、手順は殆ど同じだと思いますが、Windows Vista 64bitをベースに後述のセットアップ手順を説明します。

Java SE Development Kit(JDK) をインストールする

『Sun Developer Network』から JDK が公開されているので、下記の手順でインストーラーをダウンロードします。

Sun Developer Network
http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html[リンク]

『Java SE Development Kit』をダウンロード

1. 最新のリリースの『Java Platform』(JDK) のJDKをクリック
2. 「Platform:」は使用中のOSを選択
3. 「Java SE Development Kit License Agreement」に同意
4. 「Continue」をクリック
5. 『Java SE Development Kit』をダウンロード

ご使用のOSがWindows Vista 64bitなら「jdk-6u24-windows-x64.exe」をダウンロードできると思います。

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。