ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画あり】東京タワーが一夜限りのクリスマスツリーに!『ビスコツリープロジェクト』取材レポート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


江崎グリコが東京タワーをクリスマスツリーにするというので取材してきた。
いままでなかったのが不思議だが、実際に東京タワーがクリスマスツリーにライトアップされるのは初めてだそうだ。

なぜグリコなのかというと、発売から80年を超える「ビスコ」はクリスマス限定商品を発売していて、日本のお菓子の中で唯一3年連続サンタクロース公認商品に認定。そこで「サンタさんにありがとうを伝えること」を応援する活動をしているとのこと。

そこで、今年のクリスマスは『ビスコツリープロジェクト』と題し、東京タワーを12月23日の一夜限定で、初めてクリスマスツリーのようにライトアップすることになった。

記者は東京タワーに向かうのに、都営三田線御成門駅で下車。芝公園から東京タワーを見てみた。普段通りのタワーが見える。
そこから寒かったので、都営バスで東京タワーに向かった。あまり知られていないが都営バスは東京タワーの構内に乗り入れる路線がある。

東京中から見える東京タワーは、当たり前だが真下に行って見ても同じ。

この日のゲストはトリンドル玲奈さん。ビスコツリーの点灯式を開催した。

事前に全国から募集したサンタさんへのありがとうのメッセージカードをハート型の風船に入れて大空に向けて放ち、ツリーを彩る趣向。

では、点灯式の模様をダイジェスト動画でお送りする。

■サンタさんにみんなのメッセージを届ける『ビスコツリー』点灯式
https://youtu.be/BWapuQlxu2M


あいにくの雨で、記者の機材では夜間撮影は不可能なので、スマホでマニュアル撮影し、トリミング処理をして拡大しているが、だいたいこんな感じの見事なクリスマスツリーになった。

大雨の中でフォトセッションと囲み取材が行われたが、テレビ局は大変な思いをして収録していたようだった。
「イブイブ」の一夜限りでのツリーだったが、公表されていなかったので、たまたま見ていた人にしか存在はわからなかっただろう。せめて動画と写真で素晴らしい東京タワーをご覧いただければ幸いである。

※フォトセッションの写真はオフィシャルスチールを許諾を得て使用
 そのほかの写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP