ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界が絶賛する、広島のリボンチャペルが美しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

建築に関する「LEAF Award」(リーフ賞)という賞をご存知ですか? ヨーロッパ主要建築家フォーラム(Leading European Architects Forum、LEAF)が運営している建築デザインの発展を目的とする国際建築賞です。

実は、そんなリーフ賞の2015年度大賞に選ばれた建物が日本にあるんです。


(c)Bella Vista Spa&Marina ONOMICHI

その世界が認めた建築物は、「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」の敷地内にある、2014年1月に完成した白いチャペル。広島県の瀬戸内海を見下ろせる小高い丘の上に、凛と佇んでいます。白い2本のリボンが絡み合っているような姿から、「Ribbon Chapel」(リボンチャペル)と名付けられました。

リボンのようなバージンロード


(c)Bella Vista Spa&Marina ONOMICHI

建物の中から上を見上げると、リボンに模したらせん階段が。設計者の中村拓志氏(株式会社NAP建築設計事務所)曰く、このリボンチャペルは「二重らせんを構造とした世界に類のない建築」なのだそう。このらせん階段は2つあり、絡まるようになりながら建物の頂上でつながります。このチャペルで結婚式を挙げる新郎新婦は、それぞれ別の階段で頂上まで上がり、そこで出会って共に階段を降りてくるそうです。リボンがバージンロードにもなるなんて、素敵ですね。

新郎新婦の幸せを祝福するデザイン


(c)Bella Vista Spa&Marina ONOMICHI

結婚式の列席者も、新郎新婦が階段を降りてくる様子を下から見守ることができます。人生という航海に共に漕ぎ出していく2人を祝福する気持ちを、リボンがやさしく包み込んでいるようです。

そして世界が認めた美しい外観のみならず、ガラスの向こうには瀬戸内海の美しい景色が。こんな場所で結婚式を挙げられたら、主役の二人のみならず、列席した人全員にとって忘れられないセレモニーになるのではないでしょうか。

[RIBBON CHAPEL U HIROŠIMI]
[ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP