ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[PR]正月を一緒に過ごしたいキャラは宴好きの“一味”が人気に 正月とマンガに関する意識調査が公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

気が付けば今年も残すところあとわずか。みなさんは年末年始をどのように過ごす予定ですか? 大掃除が終わらずに年明けまで持ち越しちゃう人、親戚のあいさつ回りであっという間に三が日が終わってしまう人、元日からセールに並ぶ人、その過ごし方は様々だと思います。

国内最大級の電子コミック・電子書籍ストア『コミックシーモア』の調査によると、一人でインドアな正月を過ごす、という人も比較的多い模様です。

正月はインドア派の“おひとりさま”も主流に?

20代、30代の男女600名に、「2016年のお正月はどう過ごす予定ですか(お答えは1つ)」という質問をしたところ、「実家で過ごす(47.0%)」、「帰省する(24.7%)」に次いで、第3位に「1人で過ごす(13.5%)」がランクイン。正月の“おひとりさま”も主流になりつつあるようです。

「1人のお正月はどのように過ごしたいですか(お答えはいくつでも)」という質問に対しては、「テレビを見る(44.4%)」が最多だったほか、「ショッピング(32.1%)」とほぼ同等の人数が「ゲーム(30.9%)」「映画・DVD鑑賞(28.4%)」「マンガを読む(28.4%)」などのインドアな過ごし方を選択しました。

正月こそ長編マンガを読破すべし

「お正月に読みたいマンガを教えてください」という質問に対しては、1位の『ONE PIECE(7.5%)』に次いで、『こちら葛飾区亀有公園前派出所(3.3%)』が第2位。どちらも現在連載中の長編マンガであり、この機会に改めて読み返す、あるいは乗り遅れていたのを取り返す、という人が多いのかもしれません。第3位には全31巻で完結している『SLAM DUNK』がランクイン。不朽の名作を一気読みできてしまうのも正月ならではですよね。

ちなみに、2015年12月現在で既刊197巻を誇る『こち亀』。一般的な企業で多いとされる12月30日(水)~1月3日(日)の年末年始休暇5日間で読破しようとすると、1日あたり40巻を読み込まなければなりません。チャレンジする人は睡眠もお忘れなく!

正月を一緒に過ごしたいキャラクターは“宴”好きのアイツらが人気

「お正月に一緒に過ごしたい漫画キャラクターを教えてください」という質問に対しては、「ドラえもん(11.7%)」が堂々の第1位に。以下、票はバラけたものの、トップ15までにルフィ、サンジ、ナミ、チョッパー、ゾロと、『ONE PIECE』に登場する麦わらの一味の名前が目立ちました(「麦わらの一味」と票を投じる人も)。

何かあるたびに「宴だーー!」と大盛り上がりのアイツら。確かに正月を一緒に過ごすにはもってこいのキャラクターたちかもしれません。

現金1000万円が当たるキャンペーンを実施中

なお現在、『コミックシーモア』では“現金1000万円が1名に当たるキャンペーン”を実施中。2016年1月18日(月)23時59分までの期間中、同サイトに無料会員登録後、特設ページより応募するだけで、抽選で1名に現金1000万円が当たります。もし外れてしまっても、同サイトで利用可能なシーモアポイント1万ポイント(1万円相当)が100名にプレゼントされます。

もし1000万円あったら、読みたいマンガを大人買いし放題! いや、もっといろんな夢が叶えられちゃいますよね!

<調査概要>
調査日:2015年12月4日(金)~2015年12月7日(月)
調査方法:インターネット調査
調査人数:600名
調査対象:20代、30代男女各300名

『コミックシーモア』キャンペーン特設ページ:
http://www.cmoa.jp/special/?page_id=cmoa_10millionyen_present/index.html

※画像は『PAKUTASO』より引用

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。