体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

民放は「再利用のきく番組に制作能力を割くべき」 アナログ停波特番(5)

「放送としてのテレビは、もうこれ以上大きくならない産業」と池田信夫氏(写真・右端)

 被災した東北3県をのぞく地域で2011年7月24日深夜、テレビのアナログ放送が完全停波となった。ニコニコ生放送では「アナログ停波特番『テレビはどこへ行く』」を放送。今後のテレビのあり方について、元NHKのディレクターで経済学者の池田信夫氏は、「民放は再利用のきく番組に制作能力を割くべき」だと主張した。

視聴者「テレビで家族団らんという、その感覚がすごい嫌だ」 アナログ停波特番(4)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw91615

 以下、番組を全文書き起こすかたちで紹介する。

■「民放のあのバラエティってやつは、悪いけど金を取って見るものじゃない」

津田大介氏(以下、津田): コメントの中で気になったのが、「言論のタブーをなくせば、視聴率が戻るのでは」というコメントがあったんですけど、確かに池田さんもこの前出てらっしゃった、大阪地区の「たかじんのそこまで言って委員会」っていうのが、そこでは圧倒的に強いわけですよね。もう(視聴率)10%とか20%とか取るような、かなり(の人が)観ていたりもするんですけど。その中で「ニコニコ生放送」なんかも去年の人気があった番組とかって、実はそういうオタク系の番組だけじゃなくて、政治系のこういう討論番組とかもすごく人集めているんですよね。

 実際に「ニコ生」って無料会員と有料会員があって、無料会員だと途中でいっぱい人が集まると、はじかれちゃうんですね。はじかれちゃってでも、政治系の番組を観たい人が多いから、テレビだとやっぱり聞けない議論みたいなものってものを求めて来た人が無料ではじかれるので、そこで有料会員になるっていうケースがすごく多いって意味でも、たぶんそういう画一化されたある種の抑制、リミッターが効いてない議論とか言論を聞きたいっていう層が、テレビで観られないって人がたぶんネットに流れてるっていうところがあると思うんですが。これってある種のリミッターが今かかっているようなテレビの言論というものが、戻っていく可能性とか・・・どうお考えですか、福原さん。

福原伸治氏(以下、福原): でもやっぱりそれもカウンターですよね、結局。カウンターでしかないという風なこと。

津田: テレビがある意味、その最大公約数的なところで議論になっているから、そのカウンターとしてネットが成立している、と。

福原: そういう風に成立するのであって、だからやっぱり、本当にネットで何かもし新しいクリエイション的なものが出来るようになってきたら、本当にテレビは終わっちゃうのかなっていう風な、そういう危機感はあるんですよね。

津田: じゃテレビは今、テレビ業界全体としては、何をカウンターとすべきなんですかね。たぶん、テレビにとっての「ニコニコ生放送」ってカウンターにはなれないと思うんですよ。まずそもそも勝負しているポイントが違うと思うし、視聴者数も全然違うと思うし。今後テレビがカウンターとすべき業界、もちろん報道とバラエティといろんなもののジャンルがあると思うんですけど。テレビ業界が全体としてカウンターとすべきメディアっていうのは何なんですかね。

福原: やっぱり何だろう・・・。自分たち自身のような気がするんですよね。

池田信夫氏(以下、池田): もうテレビはエスタブリッシュメントですからね、良くも悪くも。いわゆる放送としてのテレビは、もうこれ以上大きくならない産業、成熟産業だと思うけど。さっきも言ったように、僕はやっぱり日本のNHKも民放も含めて制作能力は世界的に見ると日本人はすごく映像の能力が高いと言われているわけですから、それが今のような形で民放の番組っていうのは特にリアルタイムで数字を上げるってことに非常に特化されちゃっているものだから、完成度が高くてシンジケーションで息長く売れるようなものっていうのは、あまり今の状況だと制作のリソースを配分しないってことね。

 でもそれはたぶん長い目で見るとですね、そういうチャンネルがどんどん増えていくと、特に有料チャンネルでお客さんに見てもらおうと思うと、民放のあのバラエティってやつは、悪いけど金を取って見るものじゃない。だから今一番困っているのは、それこそ今度ねNTTdocomoがこの(アナログ放送の)番組が終わった後にmmbiっていうのを作ってモバイル放送でやろうとしてるけど、全然どこも手が挙がってこないわけ。なぜかって言うと、コンテンツがないから。500円取って、見せれるものないわけ。つまり今まで無料で見るのが当たり前だったけど、これから金を取って見てもらわないといけない。その商売を伸ばさないと、もうこの業界伸びないんですよ。無料で観られる産業はもう完全に頭打ちで、ここから伸びるには金をとって儲けるビジネスを増やすしかないんだけど、そこのとこにまだ民放はリソース配分をしてない。NHKは結構アーカイブスにあるのを再利用すればすぐできると思うんだけど、むしろそういう意味では今民放が持ってらっしゃる制作能力を、もう少し完成度の高い再利用の利く番組に分配していくのがいいんじゃないかなと僕は思ってます。

■ニコ生で澤穂希選手所属チームの会見を中継できなかったわけ

津田: これはさっきスタッフから言われて、これは「触れてくれ」と言われたので、最後に触れようと思うのですが、今池田さんのほうから、テレビはやっぱりエスタブリッシュメントだって話もあったと思うんですが、今日ですね、7月24日になでしこジャパンのキャプテン、澤穂希選手が所属するINAC神戸の記者会見があったのですが、「ニコニコ生放送」も取材をしようと申し込みをしていたのですが、取材依頼が受理されていたにもかかわらず、中継を行うことができなかったそうです。

 何で出来なかったのかって言うと、中継担当のディレクターがこのINAC神戸の広報に理由を聞いたところ、これの取材の仕切りを、いっぱい数が来てしまったので「テレビ局に任せます」という形でテレビ局に任せたことによって、取材のルールがテレビ局側ですべて決定されてしまって、「ニコニコ生放送」のようなネットメディアが入る余地がなくなったということで、結果的に「ニコニコ生放送」が出来なかったんですが。本日の共同インタビューというのは、各選手に代表のテレビ局が同時多発的に取材を行って、取材後各局がそれぞれ取材した映像を持ち寄って適宜融通し合う方式で、一種のカルテルのような感じになっていて、こういうネットメディアが入り込む余地がなくなっていたということなんですが。「上杉ツネヒロ」さんはどうですか。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。