体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「スピック&スパン」がジュエリーブランド始動 インディゴ染めパールを開発

neol201612212

ベイクルーズの「スピック&スパン(SPICK & SPAN)」は2015-16年秋冬、ファインジュエリーブランド「リラ バイ スピック&スパン(LILAS BY SPICK & SPAN)」を始動したのを、ご存じですか?
11月11日にルミネ有楽町店と、ウェブサイトで発売し、26日には新宿店でも販売をスタートしました。

普段使いからオケージョン対応までさまざまなシーンを想定し、華奢なダイヤや淡水パールを使用した「オーセンティック」、時流に合わせたジュエリーを提供する「トレンド」、ホワイトダイヤやアコヤ真珠など上質な素材とこだわりの製法で仕上げる「クラシック」の3カテゴリーを提案。1万~3万円台の商品を中心にラインアップしています。

neol2015122122

デビューコレクションの注目株は、なんといってもインディゴで染めた天然パールのシリーズ。化学染料を一切使わず、職人が一粒ずつ染色していて、表面だけでなく中まで藍が浸透しているという貴重なパール。パール本来の輝きは残しつつ、カジュアルさと上品さを両立しています。
価格帯は、ピアスが9000円~、ネックレスが3万~6万8000円とお手頃な価格のものもあります。パープルやピンク、サックスなど10色展開のカラーダイヤシリーズも注目ドコロです。

ひと味違ったパールの雰囲気に、誰もが目を留め引き込まれるはず。存在感のあるジュエリーで、シンプルなファッションを華やかに盛り上げてみてください。

公式サイト
http://spickandspan.jp

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会