ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】東京新聞にスターウォーズ最大の秘密が掲載されて完全ネタバレ / ファンがマジでブチギレ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

絶対にあってはならない、信じられない出来事が発生した。東京新聞の朝刊に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のネタバレが掲載されており、まだ観ていない人たちから怒りの声が出ているのだ。

・登場人物の情報
問題視されているのは、2015年12月20日に発行された東京新聞の朝刊。そこに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の登場人物に関する情報が書かれているのだが、今作でもっとも重要な秘密が書かれているのである。

・おもしろさが半減するほどのネタバレ
物語の性質上、今作においてもっとも重要な秘密であり、それを知って作品を観ると、おもしろさが半減するほどのネタバレ。作品を観る前に、絶対に知ってはいけない要素なのだ。

・一瞬で熱意が消えたよ!
作品を鑑賞する前に東京新聞を読んでしまったコンビニアルバイト店員の伊藤信行さん(48歳)は、次のように怒りをあらわにしている。「俺がエピソード7の上映まで何年待ったと思ってるんだ! 一瞬で熱意が消えたよ! この気持ちどうしてくれる! 忙しくて公開日に観れなくて、ようやく週明けに観られると思ったらこの仕打ちだよ!」。

すでに作品を観た人たちからも苦言が出ており、以下のような書き込みがインターネット上にされ、炎上が大炎上になりつつある。

・東京新聞に対するインターネット上の声
「今朝の東京新聞に今回のスターウォーズの大事なネタバレ」
「本当に酷いネタバレがあった。お願いだから、まだ観てない人は絶対に絶対に絶対に読まないで。これを書いた記者はサルラックの餌食になってほしい」
「ものすごくアッサリと重要なネタバレをやらかしていて失神しそうになったんですけど」
「特集はすんごく嬉しいんだけど、嬉しいんだけど、あの、けっこうなネタバレが載っててあれはちょっとイカンと思うのよ」

・秘密の重要性を理解していない
さらに、東京新聞の公式Twittertも同様の「ネタバレ情報」を画像で掲載。まさにネタバレテロリスト状態になっている。おそらく、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の記事を担当した記者が、外部に漏らしてはいけない情報だということを理解していないと思われる。

・絶大な影響力を持つメディアがネタバレ
悪意があってネタバレしたわけではないにしても、東京新聞という絶大な影響力を持つメディアがネタバレしているのは事実なわけで、その被害は甚大。今後、同様のことが起こらないことを強く願いたいものである。

https://youtu.be/GmafqpCwLc0

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/21/star-wars-tokyo-shinbun/

Via: Starwars.com

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP