ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲームがさらに楽しく!サイコロ「LUMA DICE」はLEDで目が光る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲームに欠かせないものといえば、サイコロ。そう、スゴロクやボードゲームなどで使うあの正六面体。

そのバージョンアップ版を今回は紹介しよう。振ると目がLEDで光る「LUMA DICE」だ。

・面ごとに違う色

普通のサイコロと同様、LUMA DICEも六面それぞれに1〜6個の丸が付いているが、振るとアルミニウム製のボディにLEDライトが光る。

LEDライトの色は面で決まっていて、1の面だと水色、2は紫(濃いピンク)、3は黄色、4は赤、5は緑、6は青となっている。

・20秒で自動オフ

LUMA DICEはセンサーを内蔵し、取り上げて振るという動作を感知して光る。そして20秒使わないとライトは自動的に消え、電池の消耗を防ぐようになっている。

小さなボタン電池2個を使用し、ユーザー自身で交換することもできる。

・バランスもばっちり

このサイコロを作るにあたり開発チームが最も注力したのが、いかにバランスをとるかということ。

当然のことながら、フェアプレーで重要な役割を果たすサイコロは、何回振っても特定の数字ばかり出るようでは困る。

その点、LUMA DICEは内蔵するセンサーの位置などで微妙にバランスを取っていて、開発チームは「かなりの精度」と自信を見せる。

・2個セットが2500円から

大きさは1.9センチ、重さは9.5グラム。あると役に立つという種類のものではないが、遊び心があり、ちょっとしたプレゼントにいいかもしれない。

今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで2つセット29豪ドル(約2500円)となっている。申し込みは来年1月13日まで、発送は同3月の予定だ。

LUMA DICE/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP