ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリスマス前のケーキ屋でバイトしてみた【20のバイトを渡り歩いた女の、体当たりバイト体験談】

DATE:
  • ガジェット通信を≫


高校1年の15歳から20種類のバイトを渡り歩いた、私こと牧村朝子がお送りする体当たりなバイト体験談。今回はクリスマス前のケーキ屋さんでのバイトについて、リアルな体験談をお送りします!

∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴
<もくじ>
★何をするの? どうすればなれるの?
★クリスマス前のケーキ屋でのバイト体験談
★まとめ~ここが良い、こんな人が向いてる!
∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴

何をするの? どうすればなれるの?

もうすぐクリスマス。みんながお休みをとりたがるこの時期だからこそ、バイトでは稼ぎ時です。

特に求人が増える分野として、ケーキ屋さんがありますね。タウンワークでも「パン屋・ケーキ屋」カテゴリから、ケーキ屋さんでのお仕事を探すことができます。ケーキ屋さんの他、お菓子工場からの募集も増えるでしょう。

私は、パンとケーキを売る地元のお店に、15歳のときアルバイトとして入りました。普段はレジを任されることが多かったのですが、いつもの何倍ものケーキを作らなければならないこの時期はケーキ作りのお手伝いをすることも。今回はそんな経験をお話しますね。

クリスマス前のケーキ屋バイト体験談


「いらっしゃいま……せ?」

自動ドアの音で振り返ると、そこにはケーキ屋のパティシエさんが立っていました。両手にレジ袋を提げて。

裏口にまわる間も惜しかったらしく、パティシエさんはお客様用の入り口から忙しそうに厨房に入っていきます。

「いらっしゃいました~。このボケはもう飽きたかな?」
「もともと笑いは求めてないですけど、何買ってきたんですか」

そう聞きながら私も、クリスマス用の雪だるまクッキーを包む作業に戻ります。私が働いていたのは、個人経営のケーキ屋さん。親子二代に続くお店は、アットホームで、なおかつ忙しいお店でした。

「何って、いちごだよ」
「いちごですか」
「うん。いちご。仕入れた分じゃ足りないから、スーパーで買ってきたの」
「えっ! あんなにあったのに……」
「急な予約が入ってねえ」

プロのケーキ屋さんが、スーパーでいちごを仕入れてこないと間に合わない。チェーンのケーキ屋さんではそんなことはないでしょうが、私が働いていた個人経営のお店ではたまにこういうことがありました。

いちごを切るコツは……


「それじゃあ、クッキー包み終わったら、いちごやっといてくれる?」

パティシエさんは私にそう言うと、買ってきたいちごを冷蔵庫にしまいました。

「いちごやっといて」とはつまり、(1)いちごを洗い、(2)しっかり水切りして、(3)形が良いいちごと形の悪いいちごに分け、(4)形の悪いいちごのヘタをとり、(5)スライスしておくことを意味します。

「わかりました」

私はクッキーの包装を片づけ、先輩バイトさんのほうにちらっと目をやりました。調理師学校に通う先輩は、もっと難しい作業を任されていました。食べられる素材で雪だるまやトナカイやサンタさんを作っている先輩を、ちょっとうらやましいなあ、楽しそうだなあ、って思いながら見たあと、私は「いちごをやっといて」おく作業にうつりました。

「分かってると思うけど、いちごは横じゃなくて縦にスライスしておいてよ。いちごは先っちょに甘さが集中しているから、横にスライスすると、甘みがばらけちゃうんだよ」

だから自分で食べる時も、先っちょからじゃなくて上のほうからかじるようにするといいよ、とパティシエさんは教えてくれました。

なるほど~、と思いつつ、私はいちごをスライスしつづけました。来る日も、来る日も……12月1日から、23日まで!(もちろん、休みもとりつつですけどね)

ついに、クリスマス本番……


「サンタ足りなくね!?」

クリスマスソングが流れる店内で、パティシエさんは焦りに焦っていました。

いちごが足りなければスーパーに買いに行けますが、サンタさんはスーパーではなかなか買えません。

一切れごとに販売する小さいケーキに、メレンゲで作った食べられるサンタさんを乗せていたのですが、予想以上に売れ行きが良く、サンタさんが足りないという事態におちいってしまったのです!

「お手伝いします」

私は先輩バイトさんの隣で、サンタさんの顔を描く作業をさせてもらいました。地味ないちごスライス作業も頑張ってきてよかった、と思いました。

確かにクリスマス前のケーキ屋さんは忙しく、大変です。でも、パティシエさんが忙しいからこそ、頑張ればデコレーションなどの作業もふってもらえるチャンスがあります。たくさんのお客様からの予約票を前に、「自分が作ったサンタさんが色んな人の家に行くんだなあ」と思うと、バイトのやりがいもひとしおでしたよ!

まとめ

こんな人が向いてる!
・同じ作業をずっと続けるのが苦手ではない、という人
・ものをつくるのが好きな人

ここがメリット!
・クリスマス時期は、普段よりも高度な作業を任せてもらえるチャンスがあるかも!
・お店によっては、繁忙期の特別手当が出る場合も!(※必ず出るとは限りません)
・自分がつくったものをお買い上げいただけるのは、やっぱりうれしい!
・お菓子作りのプロの現場を体験できるから、パティシエ志望の人にもお菓子作りが趣味の人にもうれしい!

※この記事はタウンワークマガジンとガジェット通信で共同制作しました。

文:牧村朝子 写真撮影:d1.2taka 企画:ガジェット通信

タウンワークマガジン
タウンワークマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP