体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

相模原で一番美味しい『沖縄そば』を見つけたので報告したい @『琉』神奈川県相模原市

r-soki1_R

さりげなく”にわか沖縄マニア”の筆者ですが、なかなか本格的な沖縄料理を相模原で食べる事が出来ません。

と、言う訳で『榮倉奈々』さんと共に相模原観光大使の座を狙う筆者が、相模原で一番美味しい『沖縄そば』の食べられる店を紹介してみましょう。

超本格的沖縄料理が食べられる『琉』(RYU)

r-soki9_R

まず、この『琉』の存在を知っている沖縄マニアが、どんだけ相模原に居るのかって話ですが、ほぼ皆無と言っても過言ではないでしょう。

相模原市役所の近くにあるのですが、結構地味な外観と言う事もあり、ほとんどの人は車で通ってもスルーしてしまう予感で御座います。

しかし!

この『琉』から沖縄の臭いを感じた筆者は、なんの前調べも無く飛び込んでみました。

ほぼスナックな内装の『琉』

r-soki11_R

沖縄料理の店なのに、どう見てもスナックな『琉』ですが、恐らくスナックの居抜き店舗を、そのまま受け継いだと思われます。

この沖縄模様のファブリックを無くしたら、誰もココが沖縄料理の店だとは思わないでしょう。

しかし!

r-soki13_R

筆者は店の片隅にある”三線”(沖縄の三味線)と”自家製コーレーグース”を見て、この店なら安心して沖縄料理をオーダー出来ると確信しました。

r-soki14_R

このダイナミックな”コーレーグース”の作り方からして、この店の沖縄度数は半端ないと思って間違いないでしょう。

マシマシの設定がある『琉』

r-soki10_R

さらに注目すべきは、何故か『沖縄そば』なのに増し増し(マシマシ)の設定がある事は特筆に値すべき案件でしょうか?

しかも「じゅーしー お替わりOK」と言う太っ腹なサービスも並行して展開している模様。これは神店の予感です。

しかし!

残念な事に筆者が訪れたのは夜だったので、絶望に明け暮れ涙すると思われたのですが、意気消沈する筆者にママが

「安心して下さい、ランチも頼めますよ」

と声を掛けてくれました。

いや、だったらそこは「日替わりサービス」にネーミングチェンジした方が分かりやすいんじゃなかろうか? ……みたいな疑問はありますが、結果”マシマシ”になったんで良しとしましょう。

全俺が歓喜した瞬間で御座います。

本物の『沖縄そば』に感動した!

r-soki12_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。