体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一部のラーメンマニアに圧倒的な人気がある『燕』を食べてみた @『辛麺 真空』町田市 

sin-tuba1_R

季節も本格的に冬を迎え、いよいよラーメンシーズンの到来で御座います。

ということで、今回は東京都ヤンチャ区町田市にある『辛麺 真空』の限定ラーメン『燕』をレポートしてみましょう。

意欲的に限定ラーメンを提供する『辛麺 真空』

sin-tuba17_R

町田でも好き嫌いの評価が分かれる『辛麺 真空』ですが、筆者的には限定ラーメンを意欲的に出してくる、目が離せないラーメン屋さんのひとつになっています。

限定『燕』を食す!

sin-tuba15_R

この『燕』のコンセプトはズバリ”濃厚”で、骨まで砕いた濃厚豚骨スープに煮干し出汁を強めに加え、さらに禁断の”背脂”をガッツリ加えています。

さらに『辛麺 真空』ならではの辛さも加わり、まさに「旨いが辛い!」ラーメンに仕上がっています。

何度か限定で提供されている『燕』は人気があるらしく、外には並ぶ為のゾーンが用意されていました。これは期待出来ますね。

白髪ネギが濃厚なスープに合う

sin-tuba2_R

大量の白髪ネギに隠れて、凶悪なスープが良く見えませんが、何気にこの”ネギ”の存在は重要です。

軽くスープにくぐらせると、コッテリした背脂に良く絡み、ネギの美味しさが引き立ちます。

むしろ、麺抜きで白髪ネギとスープだけでも一品になっちゃうんじゃないかと思えるほどに、ネギと背脂の相性は抜群で御座います。

どろスープが病みつきになる!

sin-tuba7_R

かなり濃度と言うかブリックス高めな『燕』のスープですが、この濃厚さと辛さが『辛麺 真空』の得意とする所です。

最近は”塩豚骨”などのライトな豚骨ラーメンが多い中、真逆のコッテコテ豚骨に、煮干し系の出汁を強めに加えているので、超濃厚スープと呼べる領域にまで達しています。

しかも!

標準で”背脂”が多めに入るので、さらにトロットロな脂がスープに加わります。

材料だけだとジャンキーなラーメンに思えますが、実際に食べてみると意外と繊細なスープだと言う事を実感します。

sin-tuba10_R

豚骨の臭さも煮干し系の香りと辛さでマスキングされていて、濃度が高い割にはクセが感じられません。

sin-tuba12_R

スープもベース事体はチョイ辛くらいで、背脂の甘さで相殺されているので”激辛”と言う感じではありません。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会