ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一部のラーメンマニアに圧倒的な人気がある『燕』を食べてみた @『辛麺 真空』町田市 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

季節も本格的に冬を迎え、いよいよラーメンシーズンの到来で御座います。

ということで、今回は東京都ヤンチャ区町田市にある『辛麺 真空』の限定ラーメン『燕』をレポートしてみましょう。

意欲的に限定ラーメンを提供する『辛麺 真空』

町田でも好き嫌いの評価が分かれる『辛麺 真空』ですが、筆者的には限定ラーメンを意欲的に出してくる、目が離せないラーメン屋さんのひとつになっています。

限定『燕』を食す!

この『燕』のコンセプトはズバリ”濃厚”で、骨まで砕いた濃厚豚骨スープに煮干し出汁を強めに加え、さらに禁断の”背脂”をガッツリ加えています。

さらに『辛麺 真空』ならではの辛さも加わり、まさに「旨いが辛い!」ラーメンに仕上がっています。

何度か限定で提供されている『燕』は人気があるらしく、外には並ぶ為のゾーンが用意されていました。これは期待出来ますね。

白髪ネギが濃厚なスープに合う

大量の白髪ネギに隠れて、凶悪なスープが良く見えませんが、何気にこの”ネギ”の存在は重要です。

軽くスープにくぐらせると、コッテリした背脂に良く絡み、ネギの美味しさが引き立ちます。

むしろ、麺抜きで白髪ネギとスープだけでも一品になっちゃうんじゃないかと思えるほどに、ネギと背脂の相性は抜群で御座います。

どろスープが病みつきになる!

かなり濃度と言うかブリックス高めな『燕』のスープですが、この濃厚さと辛さが『辛麺 真空』の得意とする所です。

最近は”塩豚骨”などのライトな豚骨ラーメンが多い中、真逆のコッテコテ豚骨に、煮干し系の出汁を強めに加えているので、超濃厚スープと呼べる領域にまで達しています。

しかも!

標準で”背脂”が多めに入るので、さらにトロットロな脂がスープに加わります。

材料だけだとジャンキーなラーメンに思えますが、実際に食べてみると意外と繊細なスープだと言う事を実感します。

豚骨の臭さも煮干し系の香りと辛さでマスキングされていて、濃度が高い割にはクセが感じられません。

スープもベース事体はチョイ辛くらいで、背脂の甘さで相殺されているので”激辛”と言う感じではありません。

辛いのが好きな人は赤玉を溶かすべし

そんな辛さじゃ物足りないぜと言う人は、コチラのトッピングを溶かしましょう。

しかし、これを溶かしてもまだまだ”激辛”と言うレベルではなく、普通にスープを味わえる辛さに落ち着いています。

極太平打ち縮れ麺がキテる!

この超濃厚どろスープには、やはり太麺、しかも”極太の平打ち縮れ麺”が合います。

麺が太いので縮れ具合が伝わりにくいのですが、かなり強めにウェーブが加えられているので、極太麺なのにスープの運びは抜群です。

『燕』を彩る具材の数々

チャーシューも美味しいのですが、この濃厚なスープには”半熟玉子”がベストパートナーかもしれません。

さらに『辛麺 真空』コダワリの海苔も美味しいですね。結構良い海苔を使っているらしく、ラーメンではさして海苔を欲しない筆者も、この海苔は美味しいと思いました。

禁断の”おじや”スタイルで締めるべし!

『燕』をオーダーすると、ちょこっとですがミニライス的な何かも提供されます。

このライスを最後に残ったスープに投入し”おじや”として二度楽しむ事が出来るのです。

これは病み付きになる美味しさですね。濃厚な煮干し豚骨スープに豚の背脂&米(炭水化物)とか、ちょっとヘヴィーですが危険を冒すだけの価値がある一品です。

これでは否応なしにスープも完飲してしまいます。健康面での背徳感はあるものの、目の前の『燕』の美味しさに負けてしまいました。

『燕』 総評

万人向けするラーメンではありませんが、この『辛麺 真空』のラーメンは確実にコアな層に人気があります。

なので、この結構シンドイ感じのスタンプ集めも、余裕でコンプリートする人が続出している模様です。40個分のスタンプを集めると

「トッピング1品半年間無料!」

とか、どんだけのヘビーユーザーが対象なのかと、小一時間は問い詰めたい衝動に駆られますが、逆に真空マニアにとっては神イベントかもしれませんね。

そこまでの中毒性があるのが『辛麺 真空』のラーメンかと存じます。

筆者も最初は「辛いだけだべ?」と思って訪れなかったのですが、言うほどに辛さはなく、むしろ濃厚なスープと太麺の美味しさにハマってしまいました。

それでは、是非みなさんも町田駅に訪れた際には『辛麺 真空』のラーメンを味わってみて下さい。

『辛麺 真空』

東京都町田市原町田4-1-5 ハイストーンⅡ

営業時間 11:30~15:00 18:00~22:30
土日祝日 11:30~21:00

定休日:水曜日(祝日の場合は翌木曜日休み)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP