ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ショコラマニア垂涎!フランスの老舗「イルサンジェー」の希少なクリスマス向け商品が数量限定で!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「イルサンジェー」は、フランス・ジュラ地方アルボワにて、115年前から4代直系で営まれているショコラティエ。現4代目当主のエドワールイルサンジェーは、フランスの人間国宝にあたるMOFを当時最年少で受章し、今ではMOFの審査団も務める、フランスショコラティエ界の重鎮である。

その世界唯一の支店が、先月オープンしたばかりの「イルサンジェー東京ブティック」(渋谷区神宮前)。同店で販売されるショコラは、すべてエドワール自身の手で、手作業にこだわり創られたもの。1粒創るのに、なんと3日間を要するのだとか。

また同店は、店に入るためにも予約を取らなければいけない、「来店予約制」をとっていることでも有名。ちょっと敷居が高いように感じるが、その代わり予約して店を訪れた際には、イルサンジェー本店があるフランス・ジュラ地方アルボワの白ワインを試飲しながら、ゆったりとショコラを選ぶことができるという。

そんな希少なショコラを詰め合わせた「イルサンジェー2015年クリスマス・スペシャルセレクション」が、12月18日から25日まで数量限定で発売される。エドワールが一粒一粒時間をかけて手作りしたショコラがなんとかクリスマス前に間に合ったため、発売が可能となったのだとか。

クリスマス・スペシャルセレクションは、「特別なクリスマス」(ショコラ18粒とタブレット2枚/2万3600円)、「イルサンジェー東京ブティックスペシャルセレクション」(ショコラ18粒/1万5600円)、「大切な貴方に」(ショコラ14粒/1万2240円)、「暖かい思い出」(ショコラ9粒/7800円)の4種類。

どれも、常時30種類近くあるショコラの中から、クリスマスに合うショコラをエドワールがセレクトした詰め合わせ。ブランドカラーでもある深紅の箱に、純白のリボンをあしらった包装も美しい。

同店のショコラはもともとの数が少なく、また輸入してもすぐに完売してしまい、数ヶ月待ちになってしまう商品もあるため、各50セット限定、1人3セットまでの購入となっている。

まさに、“特別なクリスマス”のための“特別なショコラ”。大切な人のためにぜひ手に入れたい!という人も多いのでは?予約の空き状況は、「イルサンジェー東京ブティック公式サイト」(http://www.hirsinger.co.jp/)から要チェック。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP