ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android 6.1は来年6月にリリースか? マルチウィンドウの正式化とアプリ権限機能の拡張が行われているらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android Marshmallow のマイナーアップデート版となる「Android 6.1」が来年 6 月にもリリースされると、海外の WEB サイト Adnroid Geek が伝えました。Google は過去の Android バージョンでも初期のリリース後に機能追加を行い、マイナーバージョンを上げています。前回の Lollipop を含めて全てのバージョンでそうしているので、Android 6.1 が準備されていることは容易に予想されることです。同サイトは過去にも確からしい情報を発表前に公開しており、今回の情報にも一定の信頼を置けます。記事によると、Android 6.1 では、マルチウィンドウ(画面の分割)とアプリ権限機能の拡張が行われているそうです。マルチウィンドウは、先日の記事でも紹介したとおり、一つの画面を分割してそれぞれに異なるアプリを表示できるようにする機能で、アプリ権限機能の拡張では、より多くの権限を変更できるようになると言われています。Source : Android Geek

■関連記事
国内のGoogleストアで「Nexus 6P」が6,200円値下げ、12月30日まで
Snapdragon 820は4月までSasmung独占で提供か?
ハングアウトからSMS / MMS機能が削除されるとの噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP