ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】映画バットマン vs スーパーマンの日本語吹替に素人参加決定でファン激怒「もう地獄です」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年3月に公開予定の映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」。あのヒーローのふたりが戦うとあって、全世界のファンが大きな注目を集めている。マーベル映画「アベンジャーズ」に匹敵するほどの人気ぶりだけに、いまから公開が待ち遠しい。

・不安の声が上がっている
しかし、日本のファンにとって非常につらいお知らせをしなくてはならない。「バットマン vs スーパーマン」の日本語吹き替えに、素人の参加が決定したのだ。これに対して、不安の声が上がっているのである。

・抽選で2名に吹き替えに参加できる権利
問題視されているのは、「バットマン vs スーパーマン」の前売りチケットキャンペーン。前売り券を購入し、ついてきたシールを応募すると、抽選で2名に吹き替えに参加できる権利が与えられる。

・セリフがあるキャラクターを素人が演じる
エキストラ声優としての参加らしいので、メインキャラクターにはならないと思われるが、それでもセリフがあるキャラクターを素人が演じるわけで、ファンが不安になるのも当然である。一部のファンからは、以下のような意見があがっている。

・インターネット上の声
「これはひどい」
「タレント起用どころの騒ぎではなくまさかの一般参加企画」
「これ考えた奴お願いだから3日くらい腹痛に悩まされて」
「スターウォーズの騒ぎは前座にすぎなかった…?」
「ルフィからのコメントでみんな荒れてるけど個人的にはこっちのがもう地獄。やめよう本当」
「ルフィ問題よりこちらの方が悪質な気が(笑)」
「ウワーーーーッ! だけならいいな…あとタレント起用枠怖い。やめてよね…お願いだから」
「ワンシーンで映画への熱が醒めるからやめてほしい感ある」
「これはないわ。芸能人吹き替え起用とおなじことしてるやん」
「どうしちゃったのにっぽん?」

・ファンの心情を踏まえて展開してほしい
本当にほんの少し、「ギャーー!!」とか「うわーッ!!」とか「何をするだァーッ!!」などのセリフあれば、まだダメージは少ないかもしれないが、映画は芸術作品であり、少しでも違和感のあるポイントがあると、一気に興ざめする。たとえ少しのセリフでも、ファンの心情を踏まえて展開してほしいものだ。

・バットマンファンの声
「もしかすると、メインキャラクターにタレント声優を起用するなんて事もありえます。でもあまり考えないようにしています。ファンであればあるほど胃が痛くなるので。だからスターウォーズのルフィ騒動なんて些細な問題ですよ。作品のクオリティに影響はないわけですから」

https://youtu.be/yViIi3gie2c

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/17/batman-vs-superman/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP