体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「今いる枠からはみ出したっていい」NEET株式会社若新氏が説く“ゆるい生き方”

ニートばかり約150人を集めて会社を作り、全員が取締役に就任するという「NEET株式会社」、現役女子高生がゆるいまちづくりを提案・実験する「鯖江市役所JK課」。いずれも「え、こんなの本当に成り立つの?」とメディアにも注目されたプロジェクトだ。

これらの仕掛け人が、慶応義塾大学の教員でもある若新雄純さん。内発性や多様性を引き出すための人と組織のコミュニケーション論や、産業・組織心理学を専門とする。若新さんによると、NEET株式会社も鯖江市役所JK課も「“ゆるさ”をキーワードにした実験」という。彼のプロジェクトに対する真意を聞いた。

f:id:itorikoitoriko:20151216162030j:plain

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特任助教

株式会社NewYouth代表取締役

若新雄純さん

人と組織のコミュニケーションを扱う研究者・プロデューサー。全員がニートで取締役のNEET株式会社を2013年11月に設立したほか、女子高生(JK)がまちづくりに関わる公共事業「鯖江市役所JK課」、週休4日で月収15万円の「ゆるい就職」などの実験的なプロジェクトを多数企画、実践する。近著に『創造的脱力』(光文社新書)。

仕事のやる気は「内的モチベーション」が左右し、ニートにもそれが当てはまる

――ニートだけで会社を作る、女子高生に街づくりに参加させる…いずれもかなり斬新というか、「無理でしょ?」と思われがちなプロジェクトですが、どういうきっかけでこのようなプロジェクトを企画・実践するに至ったのですか?

僕の専門は、内発性や多様性を引き出すための、人と組織のコミュニケーション。大学院在学中から取り組んでいるテーマですが、特にモチベーション研究は長いです。

今の日本経済は成熟期にあるために、例えば「会社で認められたい」とか「給与を上げたい」なんていう“外的要因”だけではモチベーションを維持できなくなっています。この現状から、内的なモチベーション…つまり「自分はこうありたい」と思える動機づけを“自分の内側”に求める必要があるのではないか、と考えるようになりました。

「ニート」は社会的に見れば少数派です。割合としては、40人クラスに1人いるかいないかというイメージ。だから、よく「ニートにどう働きかければ彼らは変われるのか、社会復帰できるのか?」などと議論されますが、それはあくまで多数派による意見。彼らを変えるものがあるとすれば、「働ける場所」という外的なものではなく、「働こうとする自分」なのだと考えています。

いろいろな研究、実験を繰り返し行いましたが、面白いことに、「自分の内側」には自分一人ではたどり着けないんですね。当人のことなのに、自分で考えるだけでは一向に見えてこない。しかし、他者と関わる中で見えてくるのです。

仕事において「自分には何が向いているんだろう?」「自分の強みってなんだ?」と一人で悶々と考えても、なかなか答えにはたどり着けないものですが、上司や同僚、部下との会話や、日常の仕事関係の中で自分の特性に気づかされたりしますよね。他者のほうが、自分のことを深く知っていたりして驚かされたりもします。

ニートは、地位や給与などという外的要因では動かない人たち。しかし、他者と関わる中で見えてくる「内なる自分」を知れば、次の一歩が踏み出せるのではないかと考え、それを実証するために「NEET株式会社」を立ち上げました。

とまどうことが「内なる自分」を知るきっかけになる

f:id:itorikoitoriko:20151216162031j:plain

――会社設立は、あくまで「実験」だということですか?

その通りです。これは会社発足当初から皆にはっきりと伝えていること。「どうすればうまくいくか?」なんていう答えは僕の中にはないし、仮説もないと言い続けています。

1 2 3 4次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。