体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『カラムーチョ ピザ&ホットチリ』を使って辛ウマ!夏メニュー

tamago02

食欲減退しがちな季節ですがお元気ですか?夏場の食欲増進のキーワードはずばり『辛味』。今回は新発売された『カラムーチョ リッチカット ピザ&ホットチリ味』を使って、夏向けメニューを(勝手に)作ってみます!

カラムーチョ カラムーチョ 裏

ちなみに『カラムーチョ リッチカット ピザ&ホットチリ味』(以下、『カラムーチョ ピザ&ホットチリ』)は、ギザギザにカットされたカラムーチョに、チェダーチーズとクリームチーズのブレンドされたトッピングチーズがかかっているのが大きな特徴。

アップ

ハーブ、トマト、ガーリックなども加わっているおかげで、かなりの“ピザ感”が醸し出され、今までのカラムーチョとは雰囲気が変わっています。チーズのおかげで食べやすく、コクが増していると思いましたよ。……後味はそれなりに辛いですけどね。

今回チョイ足しするにあたっては、このチーズ風味がキーになる予感です。

トマトソースとカラムーチョの冷製パスタ(風)

【材料】
そうめん ※カッペリーニ(直径0.9mm)でももちろんOK
トマト缶 またはトマトソース
オリーブオイル
塩コショウ
『カラムーチョ ピザ&ホットチリ』
(適量、砕いておく)

生唐辛子、またはタバスコをお好みで
バジル
(あれば)

まずはトマトソースを準備しましょう。市販のトマト缶をミキサーするだけでも十分です。
今回はデルモンテの『完熟あらごしトマト』を使いました。ここで、裏ごしすると舌触りがかなり良くなりますが、そのままでもOKです。

あらごしトマト tomato1

なめらかになったトマトソースに、オリーブオイルを適量入れましょう。今回は200gに対し大さじ3程度入れましたが、適当でも実はOK。塩コショウの度合いで味が決まるので、混ぜつつお好みの量をいれましょう。泡だて器で良くかき混ぜるか、再びミキサーをしてソースは完成です。

tomato2

辛めが好きな方はこの段階で生唐辛子を入れておくといいでしょう。

生唐辛子

『カラムーチョ ピザ&ホットチリ』は軽く砕いておきます。今回は1袋(66g)の1/3程度使いました。

kara01 kara02

そうめんは多目のお湯でゆでます。カッペリーニがあればなお良しですが、手に入りやすい方で。

men8 men02

ゆでている間に、冷やすための氷水を用意しておきましょう。冷やすほど麺の“しまり”が違います。

water

ゆであがったら、流水で粗熱を取ってから氷水でしめます。よく水を切って、先ほどのトマトソースを絡めたら『カラムーチョ ピザ&ホットチリ』を多目にかけて完成です!

men03 men05up men06
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。