ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】スーパーマンが悪に染まる?! 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』予告編

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


バットマンとスーパーマンによる夢の競演を描く究極のエンターテイメント超大作『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』。あの“スーパーマンが悪に染まる”衝撃的な映像が解禁となりました。

バットマンは特殊能力を持たず、その頭脳と肉体、格闘スキルで夜の街に横行する犯罪に立ち向かう世界中で圧倒的人気を誇るダークヒーロー。彼と対峙するのは、絶対的正義のヒーローにして、地球最強の男・スーパーマン。

本作ではスーパーマンが超人的能力を持つが故に、人類に甚大な被害を及ぼすことになる。次第に人々が恐れをなし、ついに彼は”人類の敵=巨悪”とみなされる存在になっていきます。

今回解禁された映像では、地下室のような空間で手錠を掛けられた状態で目を覚ますバットマンの姿が。そこに現れたスーパーマンは、“正義の象徴”とはかけはなれた怒りと深い憎しみに満ちた表情。悪に染まったその手で、あろうことかバットマンの象徴であるマスクを剥ぎ取ってしまいます! 

地球最強の男が悪に染まったとき、人類最大の敵に……。バットマンは一体なぜ地下室に囚われているのか? 何故スーパーマンは悪に染まってしまったのか? 2人の対決の行方は? ベン・アフレックはまたしても痛めつけられる(『ゴーン・ガール』必見)役柄なのか?! 45秒の短いワンシーンながら、謎が謎を呼ぶ衝撃的な展開を刮目せよ!

【動画】スーパーマンが悪に染まる?! 『バットマン VS スーパーマン ジャスティスの誕生』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=2llSSI6jCrQ

【プロジェクトDCコミックス 始動!】
ワーナー・ブラザース映画では、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の公開を皮切りに、2020年までにDCコミック原作のアクション大作10作品の公開を予定。

2016年公開: 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」 「スーサイド・スクワッド」
2017年公開: 「ワンダーウーマン(原題)」 「ジャスティス・リーグ Part 1(原題)」
2018年公開: 「ザ・フラッシュ(原題)」 「アクアマン(原題)」
2019年公開: 「シャザム(原題)」 「ジャスティス・リーグ Part 2(原題)」
2020年公開: 「サイボーグ(原題)」 「グリーン・ランタン(原題)」

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP