ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「激辛そのもの」を食べられるメキシコ料理店 / 誰もが泣いて喜ぶハバネロの肉詰め

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハバネロの肉詰め
1370円

たとえ知人が「激辛好き」を自称していたとしても、鵜呑みにしてはいけない。その人にとっての激辛が「バーモントカレーの辛口」を意味しているかもしれないし、激辛料理の店に連れて行っても、ろくに食べられずに終わることがあるからだ。

・ここのハバネロ只者ではない
しかし、「どんな激辛料理も食べられる!!」と豪語している人がいるならば、メキシコ料理店「エル・アルボル」のハバネロの肉詰めを食べに行ってみてはいかがだろうか? ここのハバネロ、只者ではない。

・見て楽しむハバネロもある
店内に入ると、本物のハバネロが育てられている。赤々と実ったハバネロがとても美しい。もちろん、これを食べたら日が出るほどの辛さに襲われる。植えてあるハバネロは、あくまで観賞しておくだけにしておこう。

・ハバネロそのものを実のまま食べる
ここのハバネロの肉詰めは、肉料理にエッセンスとしてハバネロが入っているわけではない。ハバネロの実を丸ごと使用した料理であり、その実の中にミンチ状の肉を詰めて煮込んだものである。つまり、ハバネロそのものを実のまま食べるわけである。

・爽やかな風に乗って広がる肉の風味
食べた瞬間、ふわっと広がる爽やかな辛さ。そんな爽やかな風に乗って広がる肉の風味。なんとも幸せなスパイシータイム。驚くほど辛くないので、肉の旨味を感じつつも「こんなものか」と思うかもしれない。

・旨味のある痛さがじわじわと長時間
だが、その30秒後、食べた者のほとんどが、地獄の業火に焼かれたかのように悶えだす。平然なふりをしてポーカーフェイスを続けようとしても、水、ビール、スープが飲みたくなる。旨味のある痛さがじわじわと長時間続くのだ。

辛い、すごく辛い、痛い、すごく痛い、だけど美味い、すごく美味い。辛さに刺激を受けて泣きつつも、喜んでバクバクと食べてしまう魅力がある。

・味覚神経に伝える異次元の味
それでも苦にならないのは、ハバネロの肉詰めが単に辛いだけの料理ではないから。極めて辛いハバネロだからこそ肉から引き出せる旨味があり、味覚神経に伝える異次元の味が生まれるのだ。

・ミルクを飲んだほうがよい
最後にアドバイスをひとつ。いくら辛くても水だけは飲んではいけない。水よりも他の辛くない料理を食べたり、ミルクを飲んだほうがよい。ある程度落ち着いてきたら、水も沈静の効果を示す。

もっと詳しく読む: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/12/13/habanero/

エル・アルボル
住所: 東京都新宿区四谷1-7
時間: 11:00~23:00 土15:00~23:00
休日: 日祝
http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13012171/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP