ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

若い女性とのラーメンデートは○○○○味にするが吉!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ラーメンといえば、もはや日本の“国民食”であり、その味は世界にも広がり続けていますよね。そんなラーメン、さまざまな味があり、好みが分かれることもしばしば。もちろん全て美味しいのですが、あなたはどの味が一番好きですか?

というわけで新刊JPは好きなラーメンの味についてアンケートを実施!
回答欄に用意したのは「しょうゆ」「とんこつ」「塩」「味噌」の代表的なベース4つ。もちろん、その中にないよ!という人もいると考え、好きな味を追加できる項目もつけました。その結果はこちら!(期間10月7日〜12月8日、有効投票数248)

1位 しょうゆラーメン 30%(75人)
2位 とんこつラーメン 27%(67人)
3位 味噌ラーメン 20%(50人)
4位 塩ラーメン 17%(42人)

なんと、しょうゆ味ととんこつ味が拮抗する結果に。しかし、迫りくるとんこつ味をなんとか押しのけて、1位を獲得したのがしょうゆでした。
では、それぞれに熱いコメントが寄せられているのでご紹介しましょう。

■しょうゆラーメン(男性35人、女性40人)
・太り続けても誰も文句を言わないなら、3食ラーメンでもいい。(30代男性)
・やっぱり安定して食べたいのはしょう油(40代男性)
・鶏ガラベースのあっさりしたのが好きです。(40代女性)
・魚粉の入った醤油ラーメンが好きです。地元の鮪出汁のラーメンが最高。(30代女性)

男女ともに安定して人気のあったしょうゆ味は鉄板であり、昔懐かしの味。特に年齢が高めになってくるにつれて支持率が高まっていきました。

■とんこつラーメン(男性37人、女性30人)
・昔からラーメンにはお世話になっているが、そんな中でも一番好むのはとんこつなのです。(10代女性)
・福岡出身なのでラーメンはとんこつ意外あり得ない!(10代女性)
・紅ショウガを入れて食べるのが好き(30代男性)
・ラーメンは国民食にして緊急避難食です。(60代男性)

「九州だからとんこつ!」という声もあったとんこつラーメンですが、実は若い女性から人気なんです。女性30人のうち、10代と20代の占める割合が67%。若い女性とのラーメンデートはとんこつを選ぶが吉…?

■味噌ラーメン(男性28人、女性22人)
・疲れた時に食べたくなる!(10代女性)
・子どもの頃から味噌育ち!(30代男性)
・ラーメンとは心の支えであり、生活の一環であり、誰でも愛する事の出来るものであり自分には無くてはならない存在だ。(30代男性)

とんこつに続き、男性から支持を集めた味噌味。こってりとした濃い味噌味のスープはこの冬の季節にピッタリですよね。

■塩ラーメン(男性12人、女性30人)
・早死にしてもいいから、ラーメン食べまくりたい。(10代女性)
・おいしいよね!!(30代女性)
・前はとんこつのこってり系が好きだったけど、最近はもたれるようになったので、あっさり系が好みに変わりました。(30代男性)
・どんぶりの中の世界は、個を主張しながらも、他を否定することなく、互いに良いところを出して相乗効果をもたらす。愛があるね!(30代男性)

あっさりの代表格といえば塩ラーメンです。割合的にいえば、女性人気が圧倒的。しかし男性20代からの支持がまったくなく、ちょっと意外な結果に。コメントの中にある「あっさり系が好みに変わりました」に頷く30代以上の男性は多いのでは?

この他にも「チゲラーメン」(2票)「何でも好き」(1票)「煮干し」(1票)「台湾ラーメン」(1票)など、バラエティ豊かでした。

■本で知るラーメンの奥深い歴史
あまりにも深すぎるラーメンの世界ですが、もちろんラーメンにまつわる本はたくさん出ています。
今年9月に出版された『ラーメンの語られざる歴史』(ジョージ ソルト/著、野下祥子/翻訳、図書刊行会/刊)は、アメリカ人の歴史学者が日本の国民食といわれるラーメンの歴史に挑んだ意欲的な一冊です。
ついに歴史学分野からのアプローチ対象にもなってしまったラーメン。あなたの好きなラーメンはなんですか?
(割井洋太/新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
ラーメン屋の行列に並ぶ人はNG お金が消える人の生活習慣
ラーメン評論家が見るお店の「こだわりポイント」とは?
「サッポロ一番 みそラーメン」のスープの隠れた特徴とは?

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP