ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題の『Bean to Bar』チョコレートのセット製品が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今、チョコレートにもサードウエーブがやってきていることをご存知?カカオ豆仕入・選別から板チョコ製品にするまでを1つの工房で行う生産スタイル『Bean to Bar』で作るチョコレートが話題を呼ぶ今、日本でのBean to Barの先駆けであるチョコレートメーカーBaceから、フィリピンのカカオ豆生産農園と提携して開発し、独自発酵させたカカオ豆でつくる『テイスティングセット -フィリピン産カカオ、オリジナル発酵5種セット-』と、カカオ豆生産の世界3大陸(中南米・アフリカ・アジア)8カ国の豆を使った、8種類のチョコレートを一度で楽しめる『Minimal Flight 2016』が、2016年1月18日(月)より発売される。

『テイスティングセット -フィリピン産カカオ、オリジナル発酵5種セット-』(税込1,620円)

『テイスティングセット -フィリピン産カカオ、オリジナル発酵5種セット-』は同じ農園(フィリピン)の同じ時期に収穫した発酵前のカカオ豆を使い、発酵方法を変えるだけで、全く異なる5種類の味わいのチョコレートに仕上げた詰め合わせセット。
発酵方法としては、撹拌の回数を変えたり、発酵過程で酵母のエサとなる「糖」の量を増やすなどしており、同じカカオ豆ながら、アーモンドのような深い甘みや、青リンゴのような爽やかな酸味といった異なる味を楽しむことができる。

『Minimal Flight 2016』(税込5,940円)

『Minimal Flight 2016』は、発酵後の乾燥豆を使い、豆の種類ごとに焙煎の温度や時間、
粒子の大きさを変えて、8種類それぞれのカカオ豆がもつ味わいや食感を引き立たせながら、酸味の強いカカオ豆は低温で最低限の焙煎にとどめ、酸を残している。ナッツのような香ばしい香りのするカカオ豆は粒子を粗めに仕上げており、より一層香りを楽しむことができるチョコレートとなっている。

両商品ともにビーントゥバー専門店『Minimal(ミニマル)』などで数量限定(テイスティングセット400セット、Flight 2,650セット)にて販売。なおテイスティングセットは2015年12月20日(日)より400セットを先行販売予定なので、バレンタイン前に試してみるのもいいかも。

『Minimal(ミニマル)』
場所:〒151-006東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
アクセス 小田急線「代々木八幡」駅から徒歩5分、東京メトロ千代田線「代々木公園」駅から徒歩5分
営業時間:11:30~19:00月休(月祝の場合は翌日)
問い合わせ 03-6322-9998(tel)/ info@mini-mal.tokyo

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP