ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元Cyntia KANOKOが新バンド TOKYO+TICS結成 12/16お披露目ライブ開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月にCyntiaを脱退したドラマー 松川かの子(KANOKO)が、新バンド TOKYO+TICS(トウキョウプラスティックス)を結成。12月16日 渋谷Star loungeにてお披露目ライブを行うことが発表となった。

 TOKYO+TICSのリーダーであり、作詞、作曲を全て行う柿沼憲太郎(key)とKANOKOは、Cyntiaを結成前にバンドを組んでおり、公私ともに関係が深く、付き合いの長い関係。新しくバンドを始動しようとしていた柿沼がKANOKOに連絡し、TOKYO+TICSが結成された。

 柿沼憲太郎は、香港人との混合バンド 渋谷縦横(Shinuya Central)で香港にてメジャーデビューしており、1stアルバム『香港宝貝』が“第二十七届十大中文金曲前途新人賞”にノミネートされた実力派だ。他のメンバーは、“地下5階アイドル”としても活動しているトランスセクシャル 美広まりな(vo)、8歳からバイオリンを、21歳でエレキギターを始め、バンド活動の傍らサポート活動も行い、メンバーとの接点も多い青木“syun”俊明(vo,g)だ。

 長く続けることを目標にしているというTOKYO+TICSは、ミラーボール系ROCKバンド。ダンスミュージックでありながら、どこか懐かしい感じのする歌謡ROCKだ。デビューシングルになる『seven』は、ラスベガスを舞台に男女の駆け引きを描く、これぞダンスROCKといったナンバーに仕上がっている。

 そして、12月16日 渋谷Star loungeではお披露目ライブの開催が決定。異色のメンバーが集まったTOKYO+TICSが、どんなステージを展開するのか、ぜひ注目してほしい。

◎ライブ情報
12月16日(水)渋谷Star lounge
Open 18:00 / Start 18:30
チケット:前売 2500円 / 当日3000円

関連記事リンク(外部サイト)

秋元康(AKB48総合プロデューサー/作詞家)作詞シングル総売上1億枚突破
大塚 愛 2015年2大ライブをワンパッケージ化したトリッキーボンボン写真公開
アリアナ・グランデのメイクを真似できるメイク動画公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP