体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガジェ通TV】空気公団『まとめを読まないままにして』プロモーションビデオ

空気公団×ビデオSALON Linear PCM Recorder ZOOM H4n & Olympus LS-7

みなさんから寄せられた動画作品等を紹介する「ガジェ通TV」のコーナーです。今回は、「空気公団」さんの「まとめを読まないままにして」という曲のプロモーションビデオをご紹介します。

※配信先で記事をご覧の方はリンクをクリックして全ての動画とリンクをご覧ください。



このプロモーションビデオは『ビデオSALON』という映像制作者のための雑誌と連動した企画としてbluesniffさんが撮影されたものです。bluesniffさんはガジェット通信のウェブライターに参加いただいており、そのご縁で今回の掲載が実現しました。bluesniffさんは一眼レフカメラを使っての動画撮影に関して雑誌記事などを執筆しておられます。今回のPV撮影にはCanonの一眼レフカメラ『5DmarkⅡ』を利用したそうです(レンズは単焦点EF28mm/f1.8)。

空気公団『まとめを読まないままにして』プロモーションビデオ

一度ご覧になっていただければわかりますが、この撮影、一発撮りです。カメラ一台。編集なし。撮影地は東京都調布の団地なのですが、周りではしゃいでいる子供たちも、その場で親御さんたちに出演交渉して撮影に加わってもらったそうです。これだけの映像が一発撮りだなんて、本当に驚きです。録音機材もZOOMのリニアPCMレコーダ『H4n』とオリンパスのリニアPCMレコーダ『LS-7』というコンパクトなものです。

空気公団『まとめを読まないままにして』プロモーションビデオ

さて、機材のことばっかり書いてしまいましたが、『空気公団』さんの演奏もすばらしい。そして歩きながらの撮影と録音という形、これもめずらしいです。子供たちと戯れながらというアドリブ感、横をママチャリを駆け抜けていく感じ、電柱に隠れようとして隠れきれていない編集者風の人などなど、じっくり見てると編集されたPVにはなさそうなものが映ってたりして面白いです。ところでこの「まとめを読まないままにして」という曲の歌詞ですが、とても不思議な内容です。僕はどういう意味なのかわからなかったのですが、みなさんはわかりますでしょうか。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。