ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昭和初期の社交場が蘇る! 小笠原伯爵邸で大人の夜会

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE平日(月~木)昼の番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)のワンコーナー「HILLS AGENCY」。
12月9日のオンエアでは、小笠原伯爵邸で開催される「聖なる薔薇の夜会」に注目しました。

東京・新宿にある小笠原伯爵亭は、1927(昭和2)年に小笠原長幹伯爵の邸宅として建てられたスペイン様式の洋館です。
戦後のGHQの接収、取り壊しの危機、廃墟時代などを経て、2002年からスペイン料理レストラン「小笠原伯爵亭」
として営業をスタート。9年連続でミシュランの星を獲得している実力派レストランでもあります。

23日の夜、そんな歴史ある洋館とガーデンが、真っ赤なライトや薔薇に包まれた“紳士淑女の社交場”
となるそうなのですが、「聖なる薔薇の夜会」とは一体どんなイベントなのでしょう。
イベント広報の安達まみさんに聞きました。

「小笠原伯爵亭は、伯爵夫妻のみが住んでいた建物ですので、お客様をお招きするような迎賓館の役割も担っていました。
当時、晩さん会やパーティが数多く行われていた同じ場所で夜会のイベントを行うので、まるで伯爵夫妻のパーティに招かれたかのような、
優雅で非日常的な気分を味わっていただけると思います」(安達さん)

同イベントでは、実際に小笠原伯爵夫妻が晩さん会を行っていた大食堂や、高いシャンデリアが魅力的なラウンジ、
シガールームなど、館内や中庭、約1000坪の敷地内を自由に散策できるのだそう。
料理はミシュランの星を獲得しているレストラン自慢のグリル料理やパエリア、
生ハムなどのスペイン料理。料理と数々のスペインワインが好きなだけ楽しめます。
また、カジノやジャズ演奏に合わせたダンスタイムなど、大人の夜を盛り上げる演出も。

まるで映画のワンシーンに迷い込んだような体験ができそうな同イベント。
フォーマルな服装に身を包んで、昭和初期の華やかな雰囲気を体感してみてはいかがでしょうか。

月に一度、無料公開日もあるので、建物を見てみたいという方はレストランの
公式HPをチェックしてみては。来年の2月までは予約が満席ですが、3月以降も開催予定だそうです。

【関連サイト】 「BEAT PLANET」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/beatplanet/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP