ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤原ヒロシが新デジタルメディア『リング・オブ・カラー(Ring of Colour)』を開設

DATE:
  • ガジェット通信を≫

藤原ヒロシが中心となり、プロデュースをおこなう新デジタルメディア『リング・オブ・カラー(Ring of Colour)』が、先月開設された。

『リング・オブ・カラー(Ring of Colour)』は、16種に分けられた各カテゴリーに精通し、見識のある書き手が情報を発信するというコンセプトのデジタルメディア。立ち上げの中心人物である藤原ヒロシが「60〜70年代はプロフェッショナルや興味ある人々で構成されるコミューンから面白いものが発信されて少しずつカルチャーへと育っていったが、現在は面白いものの消費期限が短かすぎる」とSNSについて再考したことが出発点。「SNSの意見はなしにして、一方通行でマニアックな情報だけが存在するサイトがあれば」と構想し、クリエイティブディレクターの梶原由景ともに新メディアを開設することとなった。
記事の特徴として、藤原ヒロシは「新しい情報に対してアプローチするメディアが多いが、過去に対しても情報として提供していくということが既存のメディアと違う点。特にファッションの分野においてはアーカイブを沢山取り扱う予定で、そういったライターに依頼したいと考えている」とコメント。
メディアオープン時点ではライター6名体制からスタートし、藤原ヒロシ本人や梶原由景もライターとして参加する他、最年少ライターとしてこれまで600本以上映画を見てきたという“小学6年生の映画評論家”を抜擢するなど、バラエティ豊富なライターの人選にも注力しており、今後はライターの数を16名まで増やす予定とのこと。
欲しい情報を得ることはもちろん、新たな発見も呼び起こしそうな魅力的なトピックは、今後も更新を楽しみにしたい!

URL:http://ringofcolour.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP