体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコファーレ「これはヤバい」すぐ体感しに行くべき

ニコファーレ用に開発されたプレイヤー

直ちに体感しに行ったほうがいい。ニコファーレがあるうちに

えー、もちろんニコファーレは期間限定とかではありません。ただ、これを体感しないのはあまりにももったいないと思うわけです。あまりに内容がぶっ飛んでて、未来すぎて、果たしてこれがずーっと続くんだろうかとちょっと不安に思ってしまうわけです。その気持ち、わかるでしょうか。なので、ニコ動やニコ生が好きならもちろん、さらにはライブ好き、クラブ好きな人、デジタルエンターテイメント、ネットコンテンツが好きな人まで、いろんな人に「体感」して欲しいのです。できれば早めに。これは、ほんとに凄く面白い「箱」です。

ニコファーレのユニフォーム

というわけで、ニコニコ動画の次世代エンターテイメント施設、「ニコファーレ(nicofarre)」をみてきました。詳しいところは、沢山マスコミが来ていたのでそれらの報道を見ていただいたり、ニコファーレ発表放送のタイムシフトを観ていただいた方がてっとり早いと思いますので、実際に行ってみて、感じたことだけを書きます。繰り返しますが、これは本当に面白いです。観に行ける人はすぐにいくべき。実際に行って、体感してみないとわからない迫力があります。

バイオリンの演奏。めっちゃかっこいい!

しかもこれ、作るのに恐ろしくお金がかかってるということが入った瞬間にわかります。「バブルっぽい」というコメントも見かけましたが、どっちかというと、たとえるならディズニーリゾートに行ったときに感じる、隅々まで行き届いたこだわりと作り込み感といいましょうか。あんな感じです。わかってもらえるでしょうか。ディズニーリゾートはリアル遊園地ですが、こちらはいわばデジタル遊園地。CG、AR、モーションキャプチャ、LEDを使った全面モニター、ネット経由でのリアルタイム視聴、しかもマルチアングル、それに対するリアルタイムエフェクト、コメントの会場フィードバックなど、今できることを「リッチ」にやり尽くした感があります。

ニコファーレが討論番組を変えてしまうかも

いわば、ネットとデジタルでのエンターテイメントに長けた大人達が「本気出した」結果がこれです。イベント施設としてはあまりにもゴージャス。そしてこの最先端の「装置」に関わっている大人達にとっては「最高のおもちゃ」なのかもしれません。実際、ARの担当の方にお話をきくと、「まだまだこれからやれることが沢山ある。楽しくて仕方がない。」と笑顔で答えてくれました。

AR

これまでのニコ生が「テレビ」だとしたらニコファーレは「映画」

それにしてもこれだけのこれだけのリッチコンテンツ、しかも他に応用があまり効かなそうなコンテンツをこの施設専用につくり込み続けるには相当な時間と労力が必要なんじゃないかと思います。手軽にウェブカメラからはじめられるニコニコ生放送がここまで進化してしまうのかと驚くとともに、もはや次元の違うものが現れたと言わざるを得ません。そこには、誰でも気軽にはじめられる「自分放送局」の姿はなく、さらに、スタジオやそれなりの機材を揃えた、テレビスタジオも超えてしまう環境がそこにあります。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会