体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶対マネしたい!Facebook先進国の4事例から学ぶ“極めて”ソーシャルなFacebookページの使い方

mysocialgraph 1mysocialgraph 1 / cambodia4kidsorg

Facebookの「ソーシャルグラフ」、販促に活用できてますか?
企業がFacebookを利用する事のメリットの1つに、APIを使って「Facebookのソーシャルグラフ」を活用できる、という点があります。
1
(引用:Markezine
上記のニールセンの調査によると、『ネット上の口コミ』よりも『知人からの紹介』のほうが、信頼度が20%も高い、という結果が出ています。Facebookページでは、API公開されているソーシャルグラフを使うことによって、この『知人からの紹介』の導線を作り出すことが出来ます。

また、ソーシャルグラフの使い方は紹介だけではありません。『友達に聞いてみる』というアクションを誘発させる事により、『安心して購入できる』『(相談された)友達に情報が拡散する』といった効果もあります。今回はそんなソーシャルグラフを、うまく活用できている海外の4事例をご紹介します!
 

1.家電量販店Bestbuy(ECサイト)の活用事例

bestbuy_top
http://www.facebook.com/bestbuy
 

ベストバイとは?

ベストバイは、アメリカに本社を置く世界最大の家電量販店です。アメリカと、カナダ、中国合わせて1150店舗を展開していて、フォーチュン100にも選ばれています。
 

ソーシャルグラフ活用ポイント:「友達に相談できる!」

皆さんも、レビューやレーティングを見てから商品を買った事があるかと思います。でも、レビューやレーティングだけだと、どっちが良いか正直分かりませんよね!!(私も決め切れません。)そんなときはBestbuyのこの機能、「shop+share」の出番です。
 

「shop+share」はこんな機能!

shop+shareは「買いたい物について友人に相談できる」機能です。画像で具体的な流れを以下で見ていきましょう。

bestbuy1 bestbuy2 2
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。