ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デリカフェのような焼きたてコッペパン専門店がオープン!!おやつ風からお惣菜風まで30種類以上をご用意

DATE:
  • ガジェット通信を≫


コッペパンといえば小学校の給食を思い出す昔なつかしい味が人気のパン。そのコッペパンを専門にあつかうお店が2015年11月25日に世田谷区の梅ヶ丘にオープンした。

梅ヶ丘にオープンしたのはコッペパン専門店「コッペこぱん」。「こぱん」とはフランス語で「仲間・友達」の意味。コッペパンが好きな人が「コッペこぱん」に集って仲間になるよう願いがこめられている。

提供されるのは毎日お店でていねいに焼かれた、しっとりふわふわで、きめ細かい口どけのコッペパン。そして「コッペこぱん」ではなんと30種類以上も用意しているというバラエティの豊かさに驚く。

「おやつコッペ」にはジャムや十勝粒あんをはさんだものを、「おかずコッペ」には厚切りとんかつやコロッケをはさんだものなど、また給食を思い出す「揚げぱん」などシンプルなものからボリュームのあるものまでが揃う。

「コッペこぱん」ではできるだけ注文をうけてから商品を作るため、作りたてのおいしさを味わえるそう。

「厚切りとんかつ(450円)」や「トルコ風サバサンド(380円)」のおかず風から、「十勝粒あん(170円)」「いちごマーガリン(180円)」のおやつ風まで、好みの味をたくさんの中から選ぶのは本当に楽しそう!

朝食からランチにおやつまで「コッペこぱん」をあなたのニーズに合わせて利用してみてはいかが?!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP