ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“Androidの父“ Andy Rubin氏が新たなスマートフォンメーカーの設立を計画しているという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“Android の父” として知られる元 Google の Andy Rubin 氏が新たな Android スマートフォンメーカーを設立するための資金調達を行っていると The Information が 2 日、伝えました。Rubin 氏は、Android を作り上げた人物で、2013 年 12 月までは Google で Android の開発陣を率いる上級副社長を務めており、Android の責任者を引退後は Google X でロボット事業の責任者を務め、2014 年 10 月に Google を退職。その後は自身で設立した投資顧問企業「Playground Global」で事業を展開しています。同サイトがモバイル業界の人物から得た情報によると,Rubin 氏は Playground Global を介して新しいスマートフォンメーカーを設立することを計画しており、最近ではそれを手伝う人材探しを始めたとのことです。Rubin 氏は今では Android から遠ざかっているように見えますが、その功績は輝かしく、依然として業界内の知名度は高い。その彼が新たに設立するスマートフォンメーカーには当然注目が集まっています。しかし、彼がリーダーになって事業を展開するのかや、今の Android をそのまま活用するのかなどの具体的な情報は伝わってきていません。Source : The Information

■関連記事
Nova Launcher v4.2.0-beta1がリリース、ダブルタップで画面のOFFなどの新機能が追加
Xperia Z5シリーズのAndroid 6.0アップデートは来年1月に開始?
Sony Mobile、「Lifelog」をv2.9.A.3.4にアップデート、Android 6.0をサポート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP