体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

関和亮 x 真鍋大度 もぐもぐインタビュー「声を映像化したかった」

エンタメ
関和亮さんと真鍋大度さん

音を見る、映像を聴く。体験する音楽。

インターネットではかつて“動画”がリッチコンテンツといわれていた時代があった。現在では高速なインターネットの回線が整い、マシンパワーも格段に上がって、気軽に動画に触れる事ができるようになってきた。それに伴い『YouTube』や『ニコニコ動画』などの動画サイトで音楽に接することが多くなり、音楽の楽しみ方にも変化が現れてきた。音楽はただ耳で聴くだけのものではなく、映像も含めた視覚的要素も大きくなってきたのだ。

音楽は、観て体感するものに変化してきているのだ。

そんな時代に、映像と音との融合、メディア・アートとの融合により、まったく新しい舞台を作り上げる二人のクリエーターがいる。


関 和亮(セキ カズアキ)氏。
Perfumeのビジュアル面の総合ディレクションをこなし、MV制作を手がける映像ディレクター。先日、サカナクション『アルクアラウンド』のMVで 第14回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞 受賞し、Perfume 『DreamFighter』では MVA BEST CHOREOGRAPHY VIDEO 受賞と、いま乗りに乗っている映像ディレクターの一人である。

真鍋大度(マナベ ダイト)氏。メディア・アート、インタラクティブ・デザインの若き奇才。石橋素氏との共作『particles』が2011年度アルスエレクトロニカ準グランプリ受賞、Alvaro Cassinelli氏との共作『scoreLight』が第13回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門優秀賞を受賞、そしてプログラマー、サウンドデザイナーとして参加した『Nike Music Shoe』はOne Show, Cannes Lionsなどで受賞。カーネギーメロン大学にて行われたopenFrameworksのdevelopers meetingに参加するなどプログラマーとしても活動している。

この二人の科学反応で生み出されていく映像と舞台演出の裏側を探る。

今回はご飯でも食べながら気楽にインタビューでも、と恵比寿にある『かき小屋』にて、わいわい海鮮バーベキューをつつきながら話を聞くことに。なんて思っていたら、かなり興味深い話を聞くことができました!思う存分制作の舞台裏を語っていただきます。

海外メディアも大注目!光る歯!?

真鍋大度さん

記者:えっと…。とりあえず関さん、まだですね……(前の現場からまだ移動中とのこと)。

一同:(……。)

記者:ま、とりあえず生牡蠣でも注文しつつ、真鍋さんのお仕事について質問させてください。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
周二郎の記事一覧をみる

記者:

音楽や写真や映像やコトバをあなたに届けます。 ガジェット女子担当(http://girls.getnews.jp/) 写真の撮影依頼承ります。

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会