ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スニーカーに写真や絵画のプリントも可能! スマホから注文できる「ShiftWear」がアツい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Nike IDやmiadidasといったスニーカーをカスタマイズするサービスは徐々に一般的になりつつある。こういったサービスはデザインや色を自由に変えられるが、今回はアニメーションもプリントできる魔法のスニーカー「ShiftWear」を紹介しよう。

・アプリでデザインを選択

先に種明かしすると、“魔法”は電子ペーパーによるもの。薄くて曲げられる電子ペーパーでスニーカーの表面を覆っている。

これにより、ユーザーは専用アプリでスニーカーの色やデザインを選べ、選んだデザインはワイヤレスで反映される仕組みだ。デザイン変更にかかる時間はものの数秒という。

・デザイン購入も

アプリには多数のデザインが用意され、加えてデザインコミュニティでユニークなデザインを購入することも可能。

電子ペーパーというと通常はモノクロだが、ShiftWearではカラータイプを採用しているので色でも遊べ、またアニメーションがプリントできるのも楽しそうだ。

・洗濯機で洗える!

もちろんスニーカーというと屋外でタフな動きをするときに履くことが多く、丈夫であることが大前提。この点、ShiftWearは水深5メートルまでの防水性を備え、洗濯機で洗えるとのこと。靴底には丈夫なケブラーファイバーを採用している。

一定の時間ごとにデザインが変わるように設定することも可能で、次々に変わる足元に注目が集まること間違いなしだろう。

・プレオーダーは150ドルから

この新たな試みのスニーカー、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoでローカット150ドル、ミドルカット250ドル、ハイカット350ドルでプレオーダー受付中(日本への発送はプラス50ドル)。

どんなデザインが可能なのか気になる人は、まずはビデオをチェックしてほしい。プレオーダーは12月22日まで。

ShiftWear/Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP