ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

多部未華子が主演映画で抜群の歌唱力を披露、音楽プロデュースは小林武史

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 多部未華子主演の映画『あやしい彼女』の撮影中に、多部をはじめ、要潤、北村匠海、水田伸生監督が取材に応じた。

 本作は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子の揃った73歳おばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。多部未華子は、倍賞美津子扮する73歳の瀬山カツが20歳に若返った姿・大鳥節子を演じている。

 この日、都内のスタジオにて行われた撮影は、節子率いるバンド“怪しい彼女”が歌番組に生出演するシーン。実際の歌番組といえるほどリアルなセットと複数のカメラの前で、多部は「ザ・フォーク・クルセダーズ」の大ヒット曲「悲しくてやりきれない」を熱唱する姿を披露。どこか悲しげで切ない表情を浮かべながら歌い、自然に涙する多部の姿に、現場スタッフから感嘆の声があがった。

 「撮影前は週2回ボイストレーニングをした」という多部が歌う楽曲は全部で4曲。音楽プロデュースを担当しているのは小林武史だ。「仮歌入れの時は小林武史さん直々にやっていただきました。小林さんのOKが出るまで未華子ちゃんは歌い続けた(笑)」と水田監督が暴露すると、多部が「だいぶかみ砕いてアドバイスをくださったんですが、よくわからなくて…」と当時の苦悩を振り返った。苦労した甲斐があり、多部の歌声を水田監督だけでなく要も大絶賛。水田監督が「要さんが(多部さんの歌声を)初めて聞くシーンは1分ぐらい長回しで撮ったのですが、一回も瞬きをしなかったんです。『潤さんすごいな』って思っていたら、『ただ、見とれていた』ようです(笑)」と言うと、要は「(多部さんの)歌ってる姿がすごく魅力的で。可愛いなと思ってみていたら瞬きしてなかったですね」と、演技を忘れるぐらい多部に魅了された様子。

 音楽が重要となる本作で、カツの孫であり、バンド“怪しい彼女”のギタリストを演じた北村は、実際にギターの腕前を披露。全6曲すべて練習を重ね、ライブハウスのシーンでは実際に生演奏を披露している。水田監督は「匠くんのギターの腕は本物です。一切ごまかして撮る必要がないのがリアルでありがたい」と、その腕前を称賛した。

 演奏シーンの撮影中は緊張感が漂っていたが、撮影の合間はとても和やかなムード。多部が「普段『多部ちゃん』と言われることが多いので、水田監督やスタッフから『未華子ちゃん』と呼ばれると、いまだに馴れなくてドキドキしています」と照れながら笑い、要と北村が「ずっと撮影していたいです」と口を揃えて水田組の居心地のよさを伝えた後、撮影が再開された。本作は、2016年4月1日全国ロードショー。

(C)2016「あやカノ」製作委員会 (C)2014 CJ E&M CORPORATION

関連記事リンク(外部サイト)

小田和正が5年ぶりに映画新曲書きおろし、『64-ロクヨン-前編/後編』主題歌決定
大原櫻子「おどるポンポコリン」等収めた『映画ちびまる子ちゃん』ミュージックアルバム詳細決定
唐沢寿明、現役早大生に恋愛指南 「誠実にやればいずれ伝わる」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP