ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロングレンジ対応、軽くてコンパクトな3Dカメラ リーズナブルな価格も魅力!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dで映画を観るのもすっかり一般的になった。迫力ある映像が楽しめる。

ただ、3Dカメラはどうしても業務用のものが多く、一般の人がなかなか手を出しにくい価格だったり、あるいは廉価だが性能もいまいちというものもあり、価格、性能ともに納得がいくような“リーズナブル”なカメラがなかった。

・重さ159gの軽量立体カメラ

そんな現状を改善しようと、Cecile Schmollgruber氏らが設立したサンフランシスコのStereolabs「ZED Stereo Camera」という3Dカメラを開発した。

カメラユニット本体の大きさは175x30x33ミリメートル、重さ159グラム。とても軽くてコンパクトだ。

・物体までの距離や奥行を正確に計測するアルゴリズム

カメラは3Dビジョンセンサーを搭載しており、対象までの距離を正確に計測する。これらの情報をコンピューターに送り、ソフトウェアが情報の解析をおこなうというシステムだ。

立体カメラは、それぞれ数センチメートルほど離れた地点で撮影された2つの画像を組み合わせることで、物体までの距離や奥行を算出する仕組み。そのため正確な計測を実行するアルゴリズムが必要になる。

・屋内、屋外ともに使用できる

「ZED Stereo Camera」の感知範囲は、1.5~20メートルの範囲で、しかも屋内屋外両方で使用できるという。

4,416×1,242ピクセルのセンサーカメラは16:9のワイドスクリーン、110度のワイドアングル。各カメラは12センチメートルほど離れて設置され、物体の奥行を計測するのに適している。

・リーズナブルな価格も魅力

公式サイトで449ドルという手の届く価格設定で販売されている「ZED Stereo Camera」。建築物のスキャンや、3Dマップの作成のほか、障害物を検知するセルフドライブカーや、飛行ドローンなどに搭載すれば、大活躍してくれそうだ。

ZED Stereo Camera

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP