ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Omate、3G対応のAndroidスマートウォッチ「Omate Rise」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Omate が Android Wear ではなく、Android 5.1.1 を独自にカスタマイズしたセルラー機能内蔵の新型スマートウォッチ「Omate Rise」を発表しました。Omate はこの製品の製造のために 12 月 7 日より IndieGoGo で資金調達キャンペーンを開始する予定です。通常価格は $349 ですが、クラウドファンディングでは $199 ~ $219 で販売されることになっています。発送開始時期は 2016 年 3 月ごろです。Omate Rise は 1.3 インチ 360 x 360 ピクセルの円型ディスプレイや MediaTek MT2601 Cortex-A7 デュアルコアプロセッサ、512M RAM、4GB ROM、580mAh バッテリー、SIM カードスロットなどを搭載し、Wi-Fi、Bluetooth、GPS、3G WCDMA、防水などに対応しています。Omate は Android 5.1.1 ベースの「Omate TrueSmart+」を発表していますが、今回の Omate Rise はこれよりも小型の製品です。Android Wear ではなく、フルバージョンの Android を採用しており、独自のアプリストア「Ostore」経由で Android アプリをダウンロードできます。Source : Omate

■関連記事
HTC、Bluetooth対応の体重計を開発中
ブシロード、Androidアプリ「ミニ四駆ワールドランナー」でクリスマス限定マシン7台を提供開始、1週間限定で提供
AndroidメーカーのOnePlusがiPhone 6 / 6s用ケースを発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP