ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『白鳥麗子でございます!』2016年TVドラマ&映画化 「おーほほほほほほ!」麗子お嬢様が復活![オタ女] 

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


麗子の“おーほほほほほほ!”という高笑いの記憶と共に、漫画史に燦然と輝く、累計発行部数1700万部の大人気コミック『白鳥麗子でございます!』。1989年、1993年と過去2度に渡りTVドラマ化、1995年には映画され、一代センセーションを巻き起こしたこの名作が、20年ぶりに再び映像化。TVドラマに加え、映画化も決定しました!

20年以上前放送された、松雪泰子さんと萩原聖人さんが主演のTVドラマは、最終回の視聴率が20%を超えるほどの人気を博しました。爽やかで可愛らしいアイドルだった、笑顔が印象的な若き日の彦麻呂さんも友人役で出演していたのをよく覚えています!


そして今回、あの世界のお嬢様、白鳥麗子に抜擢されたのが、生粋のニューヨーク育ち、“リアル”お嬢様女優NO.1の呼び名も高い河北麻友子さん。その愛すべきキャラクターでバラエティにも引っ張りだこの彼女が、究極のお嬢様として超ハイテンションな麗子を演じます。


また、白鳥麗子の相手役に、まさに人気急上昇中の“BOYS AND MEN”(ボイメン)のメンバーが決定。麗子が想いを寄せる秋本哲也役はボイメンのリーダー・水野勝さんが演じます。その他、田村侑久さん、辻本達規さん、田中俊介さん、吉原雅斗さんも出演。映画版にはボイメンの小林豊さんも、上記のメンバーと共に出演予定となっています。

<白鳥麗子役 河北麻友子さんコメント>
「出演のオファーをいただいた時、とにかく嬉しかったです。白鳥麗子の代名詞である“おーほほほほほほ!”をいろんなパターンで準備しているんですよ。色々な心境によって使い分けられたらいいなーと思っています! 現場では、白鳥麗子を素直に演じたいな、その中でピュアな麗子が見えたらいいなーと思っています! 私らしい新たな白鳥麗子を見ていただいて、さらに『白鳥麗子でございます!』を好きになっていただけるように一生懸命頑張りますので、応援宜しくお願い致します!」

<秋本哲也役 水野勝さん(BOYS AND MEN)コメント>
「過去にドラマ化もされ、素晴らしい方々が演じてきた人気原作のため、とにかく嬉しかったし一所懸命演じようと思いました! (白鳥麗子が片想いする)秋本哲也目線でも楽しんいただきたいですし、哲也や麗子さんのコメディが故の??な行動をどう面白く演じられるか……撮影に入る前に、監督ともじっくり話し合いをしてのぞみました。哲也と麗子さんの、色んな人を巻き込んだ、好き過ぎるからこその“ドタバタ劇”を楽しんで下さい!」

さらに、“BOYS AND MEN”が本作の主題歌・エンディングテーマも担当。2016年2月3日にリリースされる主題歌は、ドラマの世界観を更に明るく、華やかに彩るアップテンポなナンバー。エンディングテーマは一転、しっとりとしたバラードの中に明日への強い意志が見える楽曲になっています。

あのちょっと奥手なお嬢様のラブストーリーがどう蘇るのか、“新生”『白鳥麗子でございます!』をお見逃しなく!

【STORY】
自他ともに認める究極のお嬢様、世界の白鳥麗子。高飛車な態度だが実は超奥手で世間知らずの19歳。そんな麗子は幼少期より秋本哲也に想いを寄せていたが、いつもエベレスト級のプライドが邪魔をして素直に
その恋心を伝えられずにいた。
やがて大学生となった哲也を追いかけて上京した麗子だったが、彼女のユニーク過ぎる感性に哲也はいつも振り回されっぱなし。そんな二人の前に、哲也の元カノ、可愛い女子高生、麗子に一目ぼれした大金持ちの御曹司、麗子のライバル・かきつばたあやめなど個性的な面々が現れ、波乱万丈な生活が訪れる。果たして麗子と哲也は真の愛にたどり着くことができるのだろうか!?

ドラマ『白鳥麗子でございます!』スタッフ、キャスト
出演:河北麻友子、水野 勝、田村侑久、辻本達規、田中俊介、吉原雅斗、
大西礼芳、尾高杏奈、上野優華、内藤理沙、
さとう珠緒、坂田雅彦、春海四方、松金よね子

原作:鈴木由美子「白鳥麗子でございます!」(講談社 Kiss 所載)
監督:久万真路、松岡達矢、水波圭太
脚本:大谷洋介
製作:2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会

【ドラマ】2016年1月からTV放送開始
(tvk、テレ玉、チバテレ、メ~テレ、KBS京都、サンテレビ、KBC九州朝日放送)
【映画】2016年劇場公開予定

公式HP:
http://www.cinemart.co.jp/shiratori

(C)鈴木由美子/講談社 (C)2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会 

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP