ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オペラの名舞台/映画監督、リュック・ボンディ(67)が死去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 スイス出身のオペラ/舞台/映画監督で、ヨーロッパやアメリカで著名な作品を数々上演してきたリュック・ボンディが亡くなった。67歳だった。ボンディ最後の仕事となったパリの劇場、オデオン座が11月28日に発表した。肺炎で亡くなったとしている。

 ニューヨークのメトロポリタン歌劇場がホームページに掲載した訃報では、ボンディの監督は「その心理的な洞察力と明瞭さ、そして生き生きとした芝居作りが注目に値した」と綴っている。

 ミラノのスカラ座やパリのオペラ座をはじめ、【ザルツブルク音楽祭】などの世界一流のオペラ・ハウスにて、有名作品の数々を手掛けてきたボンディ。そのキャリアにおいて、ベルリンやフランクフルト、ミュンヘン、ロンドンほか、ヨーロッパ中で数十年にもわたり劇場制作を行ってきた。

 オデオン座はボンディの「創造の才能、博学さ、演者および観客への愛、思いやり、そして冒険心」を称賛している。

関連記事リンク(外部サイト)

リトル・ミックス、アルバム発売記念プレミアム・イベントを開催 着ぐるみや日本語メッセージのサプライズも
アデル『25』が全米アルバム週間セールスの新記録を達成、ビーバーも絶好調、アンダーワールドやボウイなど注目新作ニュースも:今週の洋楽まとめニュース
米でついに300万枚突破のアデル『25』、オアシスの全英記録も塗り替える

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP