体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モバイルをテーマに開催されたアドビの開発者向けイベント『ADC MEETUP ROUND01』を振り返る

モバイルをテーマに開催されたアドビの開発者向けイベント『ADC MEETUP ROUND01』を振り返る

アドビ システムズは6月11日、デザイン・開発向けソフトウェア製品群『Adobe Creative Suite 5.5 』(以下、『CS5.5』)のパッケージ『Web Premium』主要製品の活用事例セミナー『ADC MEETUP ROUND01』を開催しました。『ADC』は『Adobe Developer Connection』の略で、ウェブ系の開発者向け技術ポータル。今後はウェブ系の開発者に向けたイベントやニュースレターなどの情報提供を『ADC』に集約していくとのこと。アドビ システムズ マーケティング本部ディベロッパーマーケティングスペシャリストの轟啓介氏に、モバイルをテーマに開催された先日のイベントを振り返っていただき、各ツールのモバイルへの対応など現状についてもお話しいただきました。

※記事のすべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください

開発者向けイベントをADCに1本化

轟啓介氏(以下、轟):『ADC』は、もともと2007年に技術記事をポータルとしてまとめたものがあって、アメリカは昨年9月、日本はまだベータですが最近システムをリニューアルしました。この名前をもう少しうまく使おうということで、最近のテクノロジーは動いているものを見てもらう方がイメージしやすいので、それをイベントの方に持っていき、記事と連動したものをできればいいなということで先日開催したのが『ADC MEETUP』です。今までバラバラにやっていたイベントを1本化して、技術系の情報は『ADC』に集約していこうかなと。

ADCのコンセプト

『ADC』をハブにして、『ADC MEETUP』というイベントがあったり、『Adobe TV』に『ADC Presents』のビデオを出したり、これまで出していた『Edgeニュースレター』を5月号から『ADCニュースレター』に統合したりとやっています。

先日の『ADC MEETUP ROUND01』は、500人以上の申し込みがあって、雨が降る中300人以上の方に来ていただきました。モバイルをテーマに扱っていたので、『Dreamweaver』をやって、『Flash』をやって、『Flex』をやってと進めました。それぞれ畑違いの人もお互いに興味があったようで、途中で帰る人はあまりいませんでしたね。HTML5に関しては、Flash系の人たちは皆興味を持ってくれて、逆にHTML5の人が『Flash』とか『Flex』に興味を持ってもらえたのでよかったと思いますね。

ADC MEETUP ROUND 1
http://www.adobe.com/jp/joc/adc/meetup/round01/[リンク]

アドビ製ツールのモバイル対応について質疑応答

ガジェ通:今回はモバイルがテーマで開催されたということで、フォローアップとしてアドビが提供する各ツールのモバイルへの対応状況を教えてください。

各ツールのモバイルへの対応状況

※図は取材に基づき筆者が作成

轟:(図を描く)
Dreamweaver CS5.5:Android、iOSのアプリ制作に『PhoneGap』で対応。開発言語はHTML+JavaScript
Flash Professional:Android、iOSのアプリ制作に『AIR』で対応。開発言語はActionScript 3
Flash Builder:Android、iOSのアプリ制作に『AIR』で対応。開発言語とフレームワークはActionScript 3とFlex 4.5

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。